• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 旧黒岩家住宅の消防総合訓練

ここから本文です。

更新日:2015年1月26日

旧黒岩家住宅の消防総合訓練

一斉放水

平成27年(2015年)1月23日(金曜日)

 地域の財産、私たちの手で守ります!

 1月23日(金曜日)10時00分から、南消防署が市の指定有形文化財である「旧黒岩家住宅(札幌市南区簾舞1条2丁目)」で消防総合訓練を実施し、南消防団や同住宅近隣の住民ら総勢約40人が参加しました。
 これは、第61回文化財防火デーに合わせ、地域住民や施設関係者と消防署とが連携して消防訓練を行い、文化財を災害から守ることや防火意識の高揚を図ることを目的に実施されました。今年度、総務省消防庁から無償貸与され南消防団に配備された「南消防団救助資機材搭載型消防ポンプ車」も訓練に活用されています。
 「旧黒岩家住宅」は、明治5年に、当時から交通の要所となっていた簾舞に通行屋(宿泊・休憩所)として建築されたものです。札幌市に残る唯一の通行屋であり、開拓使時代初期の家屋構造を今に伝える貴重な建築物として、昭和59年に市の有形文化財に指定され現在に至っています。
 この日は、旧黒岩家住宅の広間からの出火を想定し訓練を開始。発炎筒がたかれると、同住宅の管理人が「火事です。避難してください」と大声で火災発生を知らせ、119番通報を行いました。火災発生を聞いた施設内の見学者役は重要資料を手に外へ避難。続いて、管理人の呼び掛けに応じた地域住民が消火器を持って駆け付け、訓練用消火器で初期消火活動を行いました。その後、ポンプ車と小型ポンプが現場に到着し、消防団員の掛け声とともに、一斉放水を行いました。
 訓練に参加した同住宅管理人の黒岩裕さんは「明治に建築された貴重な文化財なので、火災には特に注意しています。今回の訓練を機に、今後も気を付けて管理していきます」と真剣な表情で語っていました。

重要資料の避難

初期消火

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144