• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 東海大学福祉除雪プロジェクトメンバーが区長を表敬訪問しました

ここから本文です。

更新日:2014年12月2日

東海大学福祉除雪プロジェクトメンバーが区長を表敬訪問しました

集合写真

平成26年(2014年)12月2日(火曜日)

 除雪を通じて地域に貢献

 11月28日(金曜日)、東海大学福祉除雪プロジェクトに参加する同大学の学生が、12月2日(火曜日)に同校で開催される出陣式に先駆けて、区長を表敬訪問しました。
 このプロジェクトは、平成20年度の発足以来、南区藻岩地区・南沢地区の地域住民から、自力で除雪が困難な世帯を対象に希望を募り、ボランティアで除雪支援に取り組むものです。昨年度は、87世帯を対象に学生87人が参加しました。
 この日は、今年度のプロジェクトリーダーである国際文化学部地域創造学科4年生の原尚輝さんら3人の学生が、大谷内南区長に、本プロジェクトの趣旨や昨年度の活動状況などを説明しました。
 大谷内区長は、「高齢化が進み、高齢者のみの世帯が増えているなかで、除雪の対応は切実な問題です。このプロジェクトは若い方々がボランティアとして積極的に参加している点が素晴らしいと思います。今年度もぜひ、地域の方の冬の安心・安全な生活を支えていただけるよう、取組をお願いします」と学生にエールを送りました。
 原さんは、「このプロジェクトに参加するのは今年度で3年目です。除雪を行い、地域の方の喜ぶ顔を見ることができるのがとても嬉しいです。今年度も地域の方とコミュニケーションを図りながら積極的に除雪活動を行いたいです」と力強く話していました。
 今年度は、学生92人が3月末までの4カ月間、約100世帯の除雪支援を行う予定です。



活動紹介

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144