• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 石山中学校職場体験学習

ここから本文です。

更新日:2014年12月1日

石山中学校職場体験学習

ラケットのガット張り

平成26年(2014年)11月28日(金曜日)

 地元企業の職場を体験

 11月28日(金曜日)、石山中学校(札幌市南区石山2条8丁目、前田敏文校長、生徒数252人)の2年生が地元の店舗や幼稚園、まちづくりセンターなどで職場体験学習を行いました。
 職場体験は、生徒たちの勤労観、職業観を育み、将来の自分の職業選択や生き方の参考になるような体験をしてもらうことを目的に、授業の一環として実施しているものです。当中学校では、地域の企業で職場体験を行いたいとの考えから、石山商店街などの協力を得て昨年度より地元企業での職場体験学習を実施しています。
 今年は、老人ホームや飲食店など26の事業所で職場体験が行われました。「スポーツショップ古内」で職場体験を行った生徒4人は、バドミントンのラケットのガット張りや野球のグローブに革紐を通す作業などに従事。「花のおおいそ」を訪れた生徒2人は、フラワーアレンジメントなどを行いました。生徒たちは、最初は慣れない様子で戸惑っていたが、職員から手ほどきやアドバイスを受けながら作業を行い、最後までやり遂げていました。
 「スポーツショップ古内」でガット張りなどを行った古郡健太郎さんは、「大変な作業も多かったですが、楽しかったです。僕はバドミントンをしているので、お店には普段からラケットのガット張りをお願いしています。今日の職場体験を通じて、作業の大変さがわかったので、ラケットなどの道具をこれまでより大切に使っていきたいと思います」と話していました。

グローブの革紐通し

フラワーアレンジメント

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144