• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > こばやし峠トンネル貫通式

ここから本文です。

更新日:2014年11月14日

こばやし峠トンネル貫通式

貫通発破

平成26年(2014年)11月13日(木曜日)

 待望のトンネルが貫通

 11月13日(木曜日)10時00分から主要道道西野真駒内清田線(こばやし峠)で清水・堀口特定共同企業体主催の盤渓北ノ沢トンネルの貫通式が行われました。
 こばやし峠は、急勾配・急カーブが連続しているため、交通事故が多発しがちなこと、また、冬期間には路面が凍結したり雪により道路幅が狭くなったりするなど道路環境がより一層悪化することから、安全で円滑な交通の確保を目的に、現在、盤渓北ノ沢トンネル(全長1,612メートル)を含む道路整備が進められています。
 貫通式では、上田文雄札幌市長による貫通発破が行われた後、くす玉開披や鏡開きが行われ、札幌市や施工業者、近隣の町内会長などの関係者でトンネルの貫通を祝い合いました。
 今後は、トンネル内の照明・非常用施設等の設備工事やトンネル前後区間の道路工事等を継続して行い、一般に供用されるのは平成28年度中を予定しています。
 上田市長は「残土をどこに捨てるかということで地域の方に心配をおかけしましたが、トンネル内に封じ込めるというこれまでにない画期的な方法で解決することができました。このトンネルは市民にとって大事なものなので、安全かつ確実に工事を進めて完成させてもらいたい」と話していた。

くす玉開披

鏡開きの儀

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144