• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 緊急事態(テロ、災害等)を想定した図上訓練

ここから本文です。

更新日:2014年11月13日

緊急事態(テロ、災害等)を想定した図上訓練

共同調整所

平成26年(2014年)11月12日(水曜日)

 関係機関の連携を図ろう

 
11月12日(水曜日)13時30分から、陸上自衛隊真駒内駐屯地(札幌市南区真駒内17番地)で、北海道開発局や札幌市、北海道警察などの合同による「緊急事態(テロ、災害等)を想定した図上訓練」が行われました。
 これは、緊急事態(テロ、災害等)発生時における、各関係機関の措置を確認し、図上訓練を通じて事案に対処するにあたっての問題点を抽出するとともに、関係機関の連携を強化して事案対処能力の向上等を図ることを目的として行われるものです。
 訓練では、テロ対策訓練と大規模自然災害対応訓練の2つが行われました。初の試みとして、連携強化を図るために北海道開発局、南警察署、南区役所、南消防署による共同調整所を設置して訓練にあたりました。
 大規模自然災害対応訓練では、南区付近で約100ミリの記録的短時間大雨情報が出され、川の増水や氾濫の危険性がある状況を想定。南警察署や南消防署に広報車の手配を依頼したり、危険区域の住民が避難するための避難所開設を指示したりするなど関係機関同士で被害情報や対応状況の共有を図りながら、状況にあわせた対応がとられました。
 南区総務企画課の吉田純一地域安全担当係長は「札幌は大都市の中では災害の少ない都市と言われていますが、9月の大雨のように災害は突然やってきます。関係機関と連携を取りながら、いざという時に適切な対応が取れるよう訓練や準備を進めていきたい」と話していました。

北海道開発局

南消防署

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144