• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > 道路・公園・除雪 > コロバーズボトルの作成ボランティア

ここから本文です。

更新日:2015年3月24日

コロバーズボトルの作成ボランティア

冬みちで転倒して救急搬送される方は、市内でひと冬に約800人もいらっしゃいます。

札幌市では、機械で凍結防止剤を散布するなどの安全対策に努めるとともに、人通りの多い交差点などに砂箱を設置し、市民の皆様に砂まきにご協力いただいています。

南区では、地下鉄駅周辺などの一部の砂箱にペットボトルに砂をつめた“コロバーズボトル”を配置しており、昨冬は約8,000本ものコロバーズボトルが利用されましたが、このうち約5,000本は地域の皆様のボランティアで作成していただいたものです。

澄川南小学校でコロバーズボトルを作ってくれました

コロバーズボトル澄川南小学校の平成26年度の6年生と5年生が、空ペットボトルを集め、自分達で描いた絵をもとに作成したラベルを貼り、ボトルとキャップをひもでつないで、コロバーズボトルを作ってくれました。

6年生は昨年度からの継続で、5年生は今年度はじめての作成で、あわせて約400本。このボトルは、土木センターで砂をつめ、次の冬に使わせていただきます。

澄川南小学校でコロバーズボトルを作ってくれた皆さん、みんなが作ったコロバーズボトルは、次の冬、南区のたくさんの人々の足元を守ることでしょう。本当にありがとうございます。

(平成27年3月24日掲載)

 

6年生のコロバーズボトルのラベル

5年生のコロバーズボトルのラベル

今シーズンもコロバーズボトルが大活躍

今年は暖冬の影響でツルツル路面が発生することが多く、滑り止めの砂が活躍する機会も多くなりました。

特に人通りが多い地下鉄駅周辺では、北海道札幌養護学校もなみ学園分校をはじめとするボランティアの方々に作っていただいたコロバーズボトルが大活躍しています。

地下鉄駅周辺の砂箱 砂箱に入ったコロバーズボトル

 

 

先日、コロバーズボトルを入れてある砂箱にこんなお手紙が入っていました。

 

 砂箱に入っていたお手紙 

ほかにも、コロバーズボトルに対する感謝の言葉が土木センターに寄せられています。

これから雪解けの時期を迎えますが、日中の気温上昇と朝晩の冷え込みにより、今後もツルツル路面が発生することが考えられます。車のスリップ事故や歩行者の転倒事故には十分注意していただくとともに、コロバーズボトルや砂袋の砂を利用した砂まきに、地域の皆様のご協力をお願いします。

(掲載日:平成27年3月2日)

定山渓地区交通安全母の会のみなさんがコロバーズボトルを作ってくれました

定山渓地区交通安全母の会では、昨年「除雪に関する出前講座」を受講していただき、それをきっかけに、コロバーズボトルを作っていただいています。

昨年は約240本、今年は約500本ものコロバーズボトルを作っていただきました。

定山渓地区交通安全母の会の皆様、本当にありがとうございます。

(掲載日:平成26年10月27日)

昨年の作成状況 昨年の作成状況 完成したコロバーズボトル

北海道札幌養護学校もなみ学園分校の生徒さんがコロバーズボトルを作ってくれています

北海道札幌養護学校もなみ学園分校では、昨年度約3,800本ものコロバーズボトルを作成していただき、今年度も7月23日現在で既に約1,800本ものコロバーズボトルを作成していただいています。

北海道札幌養護学校もなみ学園分校の皆様、本当にありがとうございます。

(掲載日:平成26年8月11日)

北海道札幌養護学校もなみ学園分校作成のコロバーズボトル

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区土木部維持管理課

〒005-0031 札幌市南区南31条西8丁目2-5

電話番号:011-581-3811

ファクス番号:011-582-2916