• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > 防災情報 > 日ごろの備え

ここから本文です。

更新日:2014年8月29日

日ごろの備え

災害時には、さまざまなトラブルが発生します。事前に備えることが、家族を守ることにつながります。次のことを確認しましょう。

「備蓄品・非常時持出品」を備えておきましょう

ライフライン(電気・ガス・水など)が停止し、物資を手に入れることが困難になることが予想されます。下記を参考に、事前に用意しておきましょう。また、賞味期限切れなどを確かめておき、定期的に更新しましょう。

<備蓄品・非常時持出品>

救急セット 傷薬、常備薬、目薬、脱脂綿、包帯、ばんそうこうなど救急セット
安全具 ヘルメットなどの保安帽
衣類

下着、タオル、軍手など衣服

軍手

貴重品

現金、預金通帳、キャッシュカード、印鑑、有価証券など

貴重品

食料品 乾パン、缶詰、インスタント食品、飲料水など食料、飲料水
その他

懐中電灯、トランジスタラジオ、カセットコンロ、、ライターやマッチ、手袋、紐、ナイフ、缶切り、ビニール袋、給水ポリタンク、生理用品など

懐中電灯

カセットコンロ

 ライター、マッチ 給水タンク

冬の備え 厚手の下着、防寒着、携帯カイロ、寝袋、毛布、新聞紙、段ボール、七輪など防寒着 段ボール  毛布
赤ちゃんのための備え

ミルク、ほ乳ビン、おむつなど

ほ乳ビン、おむつ

 

お年寄りや体の不自由の方のために おぶりひも、常備薬、おむつ、担架など

※食料・水(一人一日3リットル)は、最低3日分用意しましょう。
※その他必要な物はメモしておきましょう。

「避難場所」を確認しておきましょう

災害時の避難は、身を守る意味で最も重要なことです。日ごろから「自分たちの命はまず自分で守る」という心構えを持ち、安全な場所に確実に避難するためにも、避難場所を確認してください。

避難場所はこちら

「連絡方法」を家族の皆さんで確認しましょう

家族で話し合い災害は、家族と一緒にいるときに起こるとは限りません。お互いの連絡方法などを確認しておきましょう。 


<災害用伝言ダイヤル(171)>
大規模な災害が発生し、安否確認等の電話により一般電話回線が混雑し、電話がかかりにくくなった場合でも、伝言の録音・再生により被災地内の家族や親戚・知人等と連絡を可能にするNTTボイスメールサービスです。
「171」にダイヤルし、音声ガイダンスに従い伝言の録音や再生を行います。なお、災害用伝言ダイヤルの提供開始はNTTが決定し、テレビやラジオでお知らせします。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4706

ファクス番号:011-582-5469