ここから本文です。

更新日:2011年3月30日

新光小学校の取組

1.学校と地域の様子

成19年度から始まった『新光雪あかり村』は学校行事として取り組んできた。また、学校・PTA・地域の町内会からなる『心豊かな新光の子を育てる会』の主催で、2月には『新光雪あかり村』(夜の部)を開催している。「新光雪あかり村」は学校行事のみならず、地域の一大行事としての役割を果たしている。

成22年度からは、生活科や総合的な学習の時間との関わりを強めていくことを踏まえ、教育課程の編成を進めた。平成22年度から3~6学年の総合的な学習の時間で『雪』に関わる学習の単元を新設することになった。

2.単元名・題材名

○全学年[学校行事]「新光雪あかり村」(4時間扱い)

○3年生[総合的な学習の時間]「雪の結晶『不思議・発見』をさがそう」(15時間扱い)

3.目標

[学校行事]新光雪あかり村

・雪とふれ合う中で冬の楽しさを味わい、寒さに負けない体づくりを行うこと。

・学級の仲間や異学年の友達と関わり合いながら、協力して活動すること。

・新光雪明り村の完成を喜び合い、全校児童の連帯感を深めること。

3年生[総合的な学習の時間]雪の結晶「不思議・発見」をさがそう

・雪の結晶について興味関心をもち、疑問を見つけたり、新たな発見をしたりしながら、課題を解決することができる。

・雪の結晶を適切な器具を活用して観察し、イラストに描いたり、気付いたことを分かりやすくまとめたりすることができる。

4.取組の様子

学校行事新光雪あかり村

雪像づくり開始

えられた制作時間の他に、1・2年生は生活科の授業で、3~6年生は図工や学活の時間を利用して雪像づくりに取り組んだ。雪像にはろうそくを入れる穴をあけるようにした。各学年ともたくさんの子どもたちが協力して雪像づくりに取り組んでいた。

新光小学校1

 

雪あかり村完成集会

れあい委員会主催で雪あかり村の完成を祝う式典が行われた。完成までの道のりを記録したスライドショーの上映や点灯セレモニーなどが行われ、全校児童の連帯感を育んだ。

雪あかり村(夜の部)点灯式&花火

課後の活動は学校・PTA・地域からなる『心豊かな新光の子を育てる会』の主催で行われた。タイヤチューブすべりやろうそくの点灯式が行われ、最後には冬の花火が打ちあげられることで、会場にいた方々から大きな歓声があがった。

新光小学校2

3年生[総合的な学習の時間]雪の結晶「不思議・発見」をさがそう

雪の結晶の形ってどんな形?

はじめに、雪の結晶の形を予想させた。六角形の他に丸や他の多角形を描く子が多くいたため、インターネットで雪の結晶の形を調べることとした。次に、雪の結晶を実際に観察した。子どもたちは体験を通して、雪の結晶には様々な形があることや、きれいに残った結晶は六角形であることなどを学んだ。

 

新光小学校3

 

どうして六角形になるの?

察を通して雪の結晶には様々な形があることを知ったことから、なぜ雪の結晶は六角形になるのか、結晶はどのようにしてできるのか、と子どものの中に問いが生まれてきた。インターネットなどで調べてみることでは解決できなかったため、北海道教育大学札幌校の高橋庸哉(つねや)教授をゲストティーチャーに招き、雪の結晶ができるまでの過程を学んだ。

私の考えた雪の結晶

れまでの学習を通して雪の結晶は基本的に六角形になることや一つ一つ違う形をしていることなどを学んだ。学習のまとめとして、自分が考えた雪の結晶を、折り紙を使って表現した。子どもが自分で考えたものではあるが、六角形を基本として構成すること、で大変美しいオリジナルの結晶が表現されていた。

 

新光小学校4

5.研究のまとめ

年で4回目の開催となった新光雪あかり村は地域に愛される行事になってきたといえる。今年は地域・保護者・児童を合わせると、1000人を超える人が参加し、盛大に終えることができた。毎年継続してきたこと、少しずつではあるが改良を重ねてきたことの成果であるといえよう。

年度は、事前にトレイを使った板氷やバケツを使ったアイスキャンドルをたくさん作っておき、雪像にあけた穴の風除けとして使用した。そのため、多くのろうそくが消えずに燃え続けることができた。冬の夜空に暖かなろうそくの灯が灯り続ける工夫がまた一つ生まれた。

た、3年生の総合的な学習の時間「雪の結晶の『不思議・発見』をさがそう」の学習を通して、それまで身近にありすぎて気にも留めていなかった雪に着目し、雪が降った日には自ら外に雪の結晶の観察に出て行く子も増えた。結晶が見えやすい日、見えにくい日などの違いから雪の質に目を向けるようになったり、天候と降雪の関係を関連させて考えたりすることもできるようになってきた。雪に関わる学習を行うことの大きな成果といえる。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862