ここから本文です。

更新日:2011年3月30日

北園小学校の取組

1.学校の様子

校では、本年度『子どもを幸せにする学校』を重点目標とし、子どもたちに確かな学力と豊かな心、健やかな身体を育むことをめざしている。そのための一つとして、『札幌らしい特色ある学校教育』のテーマである、「雪」「環境」「読書」の取組をを本校の教育課程の内容に位置付けている。

実践では、「雪」に関わる学習として、地域にある美香保体育館を冬季間使用したウインタースポーツの体験活動を計画した。2年生では「スケート」、3年生では「カーリング」の体験活動を通して、子どもたちが自ら冬に親しみ、北国札幌らしさを学ぶとともに、健康な体を作っていくことをねらっている。

2.単元名・題材名

2年生[生活科]「めざせ遊び名人(雪遊び)」(12時間扱い)

3年生[総合的な学習の時間]「冬も元気まんてん」(13時間扱い)

3.目標

2年生[生活科]「めざせ遊び名人(雪遊び)」

○冬の遊びやスポーツに対して興味を持ち、自らの体験を通して、そのよさや楽しさに気付く。

○子どもたちが自ら冬に親しみ、北国札幌らしさを学ぶとともに、健康な体を作る。

3年生[総合的な学習の時間]「冬も元気まんてん」

○地域の施設として、かつてオリンピックが行われた美香保体育館を活用し、カーリングの体験学習をすることで、自分たちが住んでいる地域の良さを感じると共に、冬に親しみをもち北国札幌らしさを学ぶ。

4.取組の様子

2年生[生活科]「めざせ遊び名人(雪遊び)」

験学習の事前の学習として、雪国の良さを生かした遊びや、冬のスポーツについて話し合った。また、校区にある美香保体育館が冬にスケート場になることから、スケートの体験学習に対する関心をもつことができた。学校で行ったカーペットの上でスケートを履く・立つ・歩く活動を通して、スケートの体験学習に対する意欲が高まっていった。

部から講師を招き、11月25・29日の1~4校時目に、美香保体育館でスケートの体験学習を実施した。リンクの壁から手を離せなかった初体験の子どもも、1日目のうちに自らの足で氷の上を滑ることができるようになり、スケートの楽しさを存分に味わうことができるようになった。

北園小1

 

3年生[総合的な学習の時間]「冬も元気まんてん」

香保体育館の見学に行ったことを思い出し、冬期間はスケート場になること、また以前、札幌冬季オリンピックが開催された場所として、当時のビデオを見ながら冬のスポーツ競技に対する意欲をもたせた。事前に、カーリングの道具を紹介し、カーリング競技やゲームについて学習することで、カーリングに対する意欲が高まっていった。

幌カーリング協会の方十数名を講師として招き、12月15日、1月31日の1~4校時目に美香保体育館でのカーリング体験学習を実施した。子どもたちは10チーム(8名ずつ)に分かれ、各チームごと協会の方にデリバリーの姿勢、ストーンの押し出し方など、細かく指導を受け、楽しく活動することができた。また、ミニゲームを通してカーリングの楽しさや仲間と共に活動するよさを味わうことができた。

北園小2

5.研究のまとめ

域にある美香保体育館での氷上体験学習は、2年生・3年生どちらの子どもたちにとっても、冬に対する遊びやスポーツを見直すきっかけとなった。事前調査で「冬に外で運動(スポーツ)していますか」という問いに対して「よく運動している・ときどき運動している」と回答した子は75%だったが、体験学習後には「今までより、冬に外で運動(スポーツ)しようと思った」と回答した子が88%おり、冬のスポーツのよさを見直すことができたと捉えている。スケートやカーリングなど、学校教育の中で仲間と楽しく冬のスポーツを体験することによって、北国の冬に親しみやそのよさを感じることができたと考える。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862