ここから本文です。

更新日:2011年3月24日

 

屯田中央中学校の取組

1.学校紹介

屯田中央中の校章

本校は、北区屯田地区に市内63番目の中学校として昭和56年に開校しました。屯田兵の入植により開拓された地域は市内に多くありますが、その屯田兵の名を地域名として受け継ぐ歴史ある地域です。開拓の精神を受け継ぐ姿勢は、学校教育目標にも盛り込まれており、現在も脈々と継承されています。また、今年度開校30周年を迎え、今後の更なる発展を地域の方々とともに誓ったところです。

 

2.研究目標、学校の実態等について

屯田中央中の写真1

保健体育の授業時数減少や生徒数減少に伴う保健体育科教員の減員等により、スキー学習を実施することを断念した学校が多い中、本校では、開校以来一度も途切れることなく、現在までスキー学習を継続実施しています。これには、雪国札幌における冬期間の体力向上や将来に向けて雪に親しむ態度の育成等のために、保健体育科におけるスキー学習が重要であることを全教職員が共通に理解し、バックアップしてきたという背景があります。また、保護者をはじめ地域の方々の理解と協力を得られたことも、継続実施が可能であった要因として考えられます。

現在は、1,2学年において各学級2回ずつのスキー学習を実施しています。今年度は1学年5学級を2-2-1学級に、2学年4学級を2-1-1学級に分けて、週3回のスキー学習を4週間にわたって計12回実施しました。これに加えて、スキー学習がない日には3学年の通常授業を行っています。保健体育科教員にとっては、体力的にやはりたいへんではありますが、スキー学習の充実・改善のために全力で取り組んでいます。また、教職員の理解の下、特別スキー時間割を組むことにより、円滑にスキー学習を実施できています。

本校生徒は、屯田地区がスキー場から若干遠い地域にあるため、生徒が家族や友人同士でスキーに出かける機会はあまり多くはないようですが、各学級数名は幼少から熱心にスキーに取り組んでいる生徒もいて、技能レベルは大変幅広いものとなっています。

3.保護者の理解を得るために

入学説明会やPTA集会等での説明や学校だより等により、保護者の理解と協力を得ながらスキー学習を実施していますが、やはり家庭の経済的な負担を軽減していくことが重要であると考えています。そのため、バス会社とスキー場については、毎年見直しを行い、選定しています。また、スキー場のスキーレンタルを紹介したり、「さっぽろっこスキーリサイクル」活用の呼びかけも積極的に行っています。

4.指導者の確保のために

ここ数年、保健体育科教員3名で指導に当たっていますが、今年度から新たに観光文化局スポーツ部で実施しているスキー学習支援事業のインストラクターの派遣を受けました。これにより、2学級に2名、1学級に1名の派遣をいただき、習熟度別の少人数グループを編制し指導に当たっています。連盟からの派遣ではなく、スキー場のスキー学校所属のインストラクターが派遣されますので、従来課題とされていた、インストラクターとの連絡の煩雑さや毎回派遣されるインストラクターが異なる等の問題が解消され、大変有効に活用することができました。

5.指導の充実と改善のために

インストラクターの派遣を受け、2学級で5グループ、1学級で4グループの習熟度別少人数グループを編制し指導に当たりました。

※グループ編成の例―2年1・2組参加生徒数74名、指導者5名の場合

屯田中央中の写真2

  • 1Aグループ男女混合(上級)19名・・・・・・・・・・・保健体育科教諭
  • 2Bグループ男子(中級)17名・・・・・・・・・・・・・・・インストラクター1名
  • 3Bグループ女子(中級)18名・・・・・・・・・・・・・・・インストラクター2名
  • 4Cグループ男女混合(初級)14名・・・・・・・・・・・保健体育科教諭
  • 5Dグループ男女混合(最初級)6名指導者・・・・保健体育科教諭  

これにより幅広い技能レベルに対応することができ、生徒個々の技能に合わせて効果的な指導を行うことができました。初級、中級グループでは、安全で快適に滑るための基本技能の定着度が高まり、上級グループは難易度の高い斜面状況を体験させることで、発展・応用技能習得のための指導を十分に行うことができました。

また、少人数グループであることから、滑走の順番待ちやグループ全体の移動・集合に要する時間を短縮できるため、生徒全員に十分な滑降時間と滑降回数を確保することができ、「スキーの楽しさ」を感じさせることができたと確信しています。

6.取組・研究のまとめ、成果

 

屯田中央中の写真3

スキー学習の目的は、生徒に「スキーは楽しい」と体感させることであると考えます。「楽しい」と感じさせることにより、将来にわたって継続的にスキーに親しむ態度の育成を図ることができます。さらにそれを発展させて、雪国に暮らす札幌人として、スキーなどのウィンタースポーツに限らず、雪を活用して楽しむ雪国独特の“雪文化”を育むことにつなげることができるものと考えています。今後も地域と保護者の方々の理解を得ながら、スキー学習の更なる充実・改善を目指していきたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862