ここから本文です。

更新日:2011年3月24日

手稲西中学校の取組

1.学校紹介

手稲西中学校の写真1

本校は、昭和22年に学制改革により札幌郡手稲村立手稲中学校星置分校として開校しました。平成19年には開校60周年を迎え、記念式典を行いました。学校周辺には「手稲鉱山」や「星置の滝」があり、自然環境に恵まれた学校です。

学校規模については、平成11年には学級数が28と札幌市においても大規模校でしたが、現在は生徒数が減少し、7学級編制となり、小規模校ならではのよさを活かしながら、地域と密着した教育活動に取り組んでいます。

 

2.研究目標・学校の実態等の実態について

(1)学校の実態

手稲西中学校の写真2

先に紹介したように、大規模校から小規模校へと生徒数が減少するとともに、教員数も年々減少しています。保健体育科教師も2名という体制となりましたが、山が近く、近郊にスキー場も多い環境を活かし、恵まれた自然環境の中でスキー学習を行うことにより、ウインタースポーツに親しみ、生涯を通じてスポーツに親しむ生徒を育成することを目指しています。

手稲山のふもとに位置する本校には裏山があり、生徒たちは小学校の授業で裏山を利用したスキー学習を経験しています。また、近郊に複数のスキー場もあることから、比較的幼い頃から家族でスキーに親しむ機会が多いようです。学習指導要領の改訂により保健体育の授業時数が減少となる問題もありましたが、教職員の理解と協力により、現在も継続してスキー学習を実施しています。

 

(2)研究目標

スキー学習においては、本来であれば、習熟度別のグループ学習を行い、指導の充実を図るところですが、本校は指導に当たる保健体育科教師が2名しかおらず、以前は男女それぞれ1グループで授業を行っていました。

スキーの楽しさを生徒に味わわせるためには、技能に応じた適正人数のグループを編成することは大変重要なことです。しかし、効果的なグループを編成するためには、ある程度の指導者数を確保する必要があります。このようなことから、今年度は「スキー学習における指導者の確保と指導の充実」を研究目標としました。

 

3.指導者確保のために

手稲西中学校の写真3

平成19年度より札幌市観光文化局スポーツ部で実施している「スキー学習支援事業」による指導者派遣を活用しています。きっかけは、保健体育科教師が、けがのため引率不可能となり、指導者1名の体制ではスキー学習の実施が困難となった際、「スキー学習支援事業」の話をいただいたことから始まりました。以前から指導者不足で習熟度別のグループ学習を行うことができず、男女それぞれ1グループの編制で授業を行っており、グループ内での技術の差があったため、当然、効果的な指導が十分に行えない状態でした。安全面においても配慮が必要であり、スキー経験のない生徒や初心者などは保護者の引率を依頼したこともありました。

平成19年度に「スキー学習支援事業」の活用をしてから現在まで事業の活用を継続しており、保健体育科教師2名に加え、派遣指導者1名の計3名で指導に当たっています。習熟度別グループ学習を展開しており、安全面の問題も解消されました。今後も指導の充実と改善を図る方針で研修を重ねています。本校のスキー学習の継続と指導の充実のためには、この「スキー学習支援事業」自体が今後も継続され、発展していくことが重要なポイントだと考えています。

4.指導の充実と工夫・改善・今後の課題

1学級を男子上級・中級グループ、女子上級・中級グループ、男女混合初級グループの習熟度別に三つのグループに分け、少人数による指導の充実と改善を図っています。特に「基礎的・基本的な技能の定着」を図ることや、けがや危険を予測した上で楽しく安全に滑走する技能の定着を目指しています。また、天候などにより様々に変化する自然条件(アイスバーン・新・深雪)に応じた滑走も基礎・基本技能の一つとしたいと考えます。上級・中級グループについては、「発展・応用技能の習得」を目指しています。特に、斜面に応じた滑走技術を習得し、斜面を克服していく喜びを体感させたいと考えています。いずれにせよ、スキーの楽しさを体感するためには、技能の向上を体感することが一番の近道と考えています。そのためにも、限られたスキー学習をより有効なものとするために、習熟度別学習のよさを生かし、一人一人の生徒がそれぞれのグループの中で少しでも技能の向上を体感できる授業づくりを目指しています。

今後の全体の課題としては、スキー学習を再開するに当たり、スキー指導から離れていた教員やスキー指導の経験がない教員への対応を含め、指導者の研修が必要となってくると考えます。また、複数校でスキー場を利用することから、事故等を防止する上でも、スキー学習に当たってのゲレンデマナー(トレイン滑走等)を徹底する必要があると考えます。近年ではカービングスキーの普及により、従来のターンの運動技術と異なった技術が求められており、専門用語も時代とともに変わってきている背景から、我々指導者も時代に合った技能の習得や専門知識を学ぶことが課題となってくると考えています。

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862