ここから本文です。

更新日:2011年3月24日

手稲東中学校の取組

1.学校紹介

我が手稲東中学校は、個性を生かし、夢を育てることのできる学校です。「豊かな心の育成」と「個性の伸長」を目指し、学校行事や部活動を大切にした教育活動を実践しています。その成果として、さわやかな挨拶、活気あふれる学校、強いきずなで結ばれた人間関係が確立されています。

2.研究目標、学校の実態、地域性等

手稲東中の写真1

本校は、現在までスキー学習を継続して実践してきました。その背景には、学校の目指す生徒像である「たくましい体力と粘り強く努力する強い心をもつ生徒」の育成に向けた実践プログラムを重視していることがあげられます。これにより、生徒は文武両道の精神を貫き、勉強に部活動にと一生懸命で、毎日の生き生きと学校生活を送っています。

実践プログラムとしては、伝統のある行事が特色です。それには、三大イベントと呼ばれる学校祭、合唱コンクール、三年生を送る会があることです。互いに協力し合って準備を進め、生徒が一丸となって手稲東中学校独自のユニークで素晴らしい学校行事を創りあげています。また、部活動の加入率が80%程度であり、毎年、全道・全国大会に出場するなど、成果を残しています。そして、生徒は部活動を通じて自分の夢を叶えようと高い志をもち、意欲をもって日々努力しています。教職員も活力ある学校、魅力ある学校づくりを意識し、一致した考えで教育実践を行っています。こういった本校の特色ある教育は、保護者、地域からも認められ、スキー学習に対しても御理解をいただいています。

3.本校におけるスキー学習の目標

手稲東中の写真2

本校のスキー学習の目標は、「スキー学習を通して積極的に冬の運動に親しみ、健康の意識を高めるとともに、体力の向上を図り、たくましい心身を育てる」ことです。

学校におけるスキー学習は、「雪」に親しみ、北国ならではの恵まれた冬の自然環境を生かした体験活動であるとともに、冬期間に屋外で体を動かす貴重な機会です。札幌らしい特色ある学校教育の実践に向け、本校では、目指す学校像として「楽しみのある学校」、「創意工夫のある学校」を目標に掲げています。家庭・地域の声に耳を傾け、積極的に情報を発信し、「合唱」や「スキー」、「朝学習」、「朝読書」を通して、特色のある教育活動を実践しています。その一環として「スキー学習」は大変重要な役割を果たしており、保健体育科の教師だけでなく教職員全員がスキー学習の実施に理解を示し、支援しています。

4.小中高一貫指導の重要性

中学校学習指導要領の体育分野では、小学校高学年からの接続及び発達の段階のまとまりに応じて指導内容を整理するということから、「第1学年及び第2学年」と「第3学年」に分けて示されています。従来は、小学校6年-中学校3年-高等学校3年という校種の区切りで学習内容を考えていましたが、これからは4年-4年-4年の合計12年という区切りで考えることにより、指導内容を体系化することができると言われています。

スキー学習においても、指導内容を体系化していくためには、小学校高学年の学習内容や子どもたちの習熟度を十分に把握し、高等学校における学習を見据えて、本校の指導計画の立案に当たる必要があると考えています。

5.スキー学習に関わる今後の展望

手稲東中の写真3

本校が利用しているスキー場に、過去数年間の入場者数を尋ねてみたところ、2008年~2010年の3年間の入場者数は、ほぼ横ばいの5万7千人前後ではありますが、全盛期のバブル時代から見ると、半分以下に落ち込んでいるのが現状であり、スキー学習の利用学校数も年々減少し、昨年度が一番少なかったとのことです。また、スキー人口の減少は、経済状況の悪化の影響だけでなく、教育現場でのスキー離れも大きな原因の一つとスキー場関係者は考えているようで、この「スキー学習モデル事業」への期待も大きいとのことでした。今後、スキー場では、「カムバックスキーヤー」をキャッチフレーズに、昔のスキーヤーに再びゲレンデに帰ってきてもらうため、格安料金の設定やイベントの開催等、様々な企画を行っていく方針をもっているとのことです。

保健体育科の究極の目標である、「生涯にわたって運動に親しむ資質や能力を育てるとともに健康の保持増進のための実践力の育成と体力の向上を図り、明るく豊かな生活を営む態度を育てる」ために、教育現場からもスキー人気の復活を応援していきたいと考えています。

6.取組・研究のまとめ、成果

手稲東中の写真4

これまで、保健体育科の授業時数削減や教育課程編成に伴う行事の精選により、多くの学校がスキーへの取組をやめてしまいました。しかし、本校がスキー学習やスキー遠足を中止せずに継続して実施できたのは、生徒に「生きる力」を育むことを目指し、創意工夫を生かした特色ある教育活動を展開し、基礎的・基本的な知識及び技能を確実に習得させるという教育課程編成の基本方針があるからです。

札幌らしい特色ある教育活動の一つである「雪」をテーマとしたスキー学習を、本校は永きにわたり推進し、それを「伝統」として大切に位置付けています。

 

 

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862