ここから本文です。

更新日:2011年3月24日

 

啓明中学校の取組

1.楽しさを味わえるスキー学習を目指して

啓明中の写真2

本校では、昨年度から新学習指導要領の完全実施に伴い、保健体育の時数が増加するのを見込んで、選択体育と合わせて通年週3時間の保健体育授業を実施しており、そのような中で、校内の会議において保健体育科の意向を踏まえ、今年度から1学年においてスキー学習を再開することとなりました。

校内では、保健体育科以外の先生にも、時間割の作成やその実施に対して、生徒たちのためにと全面的な協力をいただいています。また、生徒や保護者の方々においても、小学校時代からスキー学習に親しみを感じている場合が多く、北海道の、そして札幌の地域性を生かしたスキー活動に取り組む諸条件が整っていると考えられ、以上のことから、スキー学習の実施に、スムーズに取り組むことができました。

保健体育科では、今年度のスキー学習のテーマを「楽しさを味わえるスキー学習」としました。具体的な取組としては、グループの人数をできるだけ少なくするように努めるとともに、自然環境の中で、思い通りに滑る感覚、心地よく滑る感覚が生徒の楽しさにつながると考え、そういったスキー本来の楽しさを味わうことのできる学習の展開を目指しました。また、生徒たちが生涯を通じて、スキーの楽しさを味わい続けることができるようなスキー学習にしたいと考えています。

2.効果的な学習のために…少人数指導の工夫

スキー学習においては少人数指導が効果的であると考え、札幌スキー連盟の指導員の方に依頼し、外部講師として協力をいただきました。3名の保健体育科と4名の指導員の合計7名でスキー学習を実施し、生徒個々のスキー技能に対応したグループをつくり、スキー学習が楽しく進められるような編制を目指しました。結果として、スキー場の混み具合によって若干の差はあったものの、生徒が実際に滑る本数や回数が増え、待ち時間が少なくなり、効率のよい学習を行うことができました。来年度についても、継続的に外部講師を依頼し、スキー学習を実施したいと考えています。この場をお借りして、外部講師の皆様へ、お礼を申し上げたいと思います。

3.効果的な学習のために…自作DVDの作成と活用

啓明中の写真1

本校では体育の授業の中で、様々な運動の技能を習得するために、文字や説明、見本となる動きの図、一連の動作のコマ取り写真等を掲載した実技の教科書を学習資料として活用しています。スキー学習においても、同様に生徒が動きのイメージをつかむための学習資料が必要と考え、今年度、基礎スキーの先生に協力をいただき、基本的な技能をまとめた自作のDVD資料を作成しました。

基礎スキーにも新しい技術が加わり、スキー用語もここ10年で変化してきました。基本となるスキー技術は、今も30年前も大きく変わってはいませんが、用具の変化に伴う技術の変化はあります。スキー技術用語と実際の動きが結び付くと、生徒もイメージがつかみやすく、技術を習得しやすくなる効果もあると思われます。本校では事前学習を2時間設定し、グループ編制のための予備調査と、用語学習・スキー学習実施要領の説明に前述の自作DVDを活用しました。今後は、さらに自作DVDに改善を加え、充実した学習資料となるよう取り組んでいきたいと考えています。

4.学んだ!楽しんだ!スキー学習!!(生徒の作文より)

啓明中の写真3

ゴーッという風切り音、シャーッと板の滑る音、その全てが快い。スキーが好きな僕にとって、今回のスキー学習は非常に楽しいものとなり、多くのことを学ぶことができた。特に印象に残ったのが、1日目のコーチからご指導いただいた技術「谷踏み蹴り」である。谷踏み蹴りとは、谷側のスキーを谷にずらして足場を作り、それを踏み台にしてターンする技術である。これが非常に役に立ち、滑走の安定感を高めることができた。もちろん、学ぶだけでなく楽しむことも忘れなかった。特に、南斜面を中心にクリスタルやからまつを滑り抜けた時は爽快この上無し、日頃のうっぷんも吹き飛ばしてしまった。前述の通り、今回のスキー学習は非常に楽しく、多くのことを学べた。この経験をこれからのスキーや日常生活で生かしていきたい。(1年生男子生徒作文)

5.まとめと成果

10年ぶりに再開となったスキー学習を終えて、生徒たちの反応は様々でありました。スキーが苦手な生徒ももちろんいたのですが、多くの生徒が「楽しかった」、「もっと滑りたかった」という声を寄せています。各家庭の御協力の下、小中継続してのスキー学習を再開することで、生徒たちに、厳しい冬を楽しむスキーという札幌ならではのスポーツに親しむ機会を提供することができてよかったと考えています。

今年は1年生だけの実施でしたが、来年度は1・2年生を対象としたスキー学習実施の準備を進め、スキー場選択を含め、実施方法や評価の在り方について再考し、生徒が「楽しさを味わえるスキー学習」を引き続き、目指していきたいと思います。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862