ここから本文です。

更新日:2011年3月24日

柏丘中学校の取組

1.学校紹介

柏丘中学校の写真1

本校は来年度、開校50周年を迎える学校で、昭和36年の開校以来、「強く・正しく・明るく」を教育目標として掲げています。この教育目標は生徒・保護者・教師の三者のものとして地域に根付いており、本校の全ての教育活動に生かされ、生徒にも柏丘中学校の心構えとして意識させながら、生徒一人一人の「豊かな人間性」の育成を目指しています。

 

2.スキー授業の目的について

柏丘中学校の写真2

札幌市内では平成10年の学習指導要領の告示から、保健体育の授業としてスキー学習を実施する中学校が減少する傾向にありました。本校でも平成9年度のスキー学習を最後に平成20年度までスキー学習が行われていません。札幌市は平成22年度の「札幌市学校教育の重点」において「北国札幌らしさを学ぶ」【雪】を札幌らしい特色ある学校教育のテーマとして掲げ、「北国らしさ」として、特に「雪」をテーマとした学習活動を多様な形で展開し充実させていくことが、ふるさと札幌への思いを一人一人の子どもの心に刻みつけることにつながります。このような背景もあり、本校では平成21年度に保健体育授業にスキー学習を再開させました。スキー学習では以下の三つの目的を挙げています。

1.かつて冬季オリンピックが開催された札幌というウインタースポーツが盛んな都市をふるさととする生徒たちに、雪に親しむ気持ちやスキーを楽しむ姿勢を身に付けてもらう。

2.小学校で学習したスキーの技術やスキーを楽しむ心を中学校でも伸ばし、高校や今後の人生でのさらなるスキー活動につなげてもらう。

3.スキー学習を通して自然に親しむ姿勢を身に付けてもらう。

昨年度はスキー学習再開の初年度であったため、第1学年のみの実施でしたが、今年度は第1、第2学年で実施しました。今後も二つの学年での実施を継続していく予定です。

3.スキー学習に関わる学校の実態

学校規模は昨年度と今年度は第1学年が6学級、第2学年は5学級です。今年度の保健体育科教員数は4名で、スキー学習にはさらに他教科の教諭1名、計5名が参加しています。また、昨年度から札幌市観光文化局スポーツ部で実施しているスキー学習支援事業のインストラクター派遣を利用しています。

第2学年においては、3学級と2学級に分け、第1学年は3学級と3学級に分けてそれぞれ隔週で2回スキー学習を実施しました。スキー学習では上級グループが二つ、中級グループが二つから三つ、初級グループが二つの合計6から7グループの編成で行っています。グループ分けは事前のアンケートと昨年度のスキー学習の結果を参考に行い、全てのグループが男女混合での実施でした。もっとも人数の多いグループが20名、もっとも少ないグループが2名で、一グループ平均人数は17.6名でした。

4.スキーに関する生徒の実態

柏丘中学校の写真3

本校ではほとんどの生徒が小学校でのスキー学習を経験しています。そのため、第1学年、第2学年ともに全く滑ることができないという生徒はごく一部でした。しかし、スキースクールに参加経験のある生徒やスキー検定級を持っている生徒も少なく、ターン技術に課題のある生徒が多くいます。

用具に関しては、スキーレンタルを利用した生徒が全体の約2割いました。小学校時代に購入したけれど、身体が大きくなり中学生になった頃にはもう小さすぎて使用できないという生徒が数名いました。

5.今年度の取組(スキーレンタル方法の変更)

柏丘中学校の写真4

本校の保健体育科では、2回しかないスキー学習においては、できるだけ多くの時間を実際のスキー滑走のために確保することが大切だと考え、今年度の新たに、スキーレンタルの手続きを効率化することにより、実際の学習時間を長くとれるよう試みました。

本校では約2割の生徒がスキーレンタルを利用しており、昨年度のスキーレンタルでは、教員が事前に何名がレンタルするのかを把握し、スキー場内にあるレンタル業者に連絡することが必要でした。また、生徒は当日現地に到着次第、自らレンタルコーナーに出向き、用具の選択と料金の支払いを行い、その後に集合場所に移動していました。この方法では集合場所で他の生徒や教員がスキーレンタルを利用する生徒を待たなければならず、実際の学習時間が短くなってしまう状況が見られました。

今年度は、このスキーレンタルのための時間を無くし、スキーの滑走時間を確保することを目指して、次のような計画を立てました。まず、スキーレンタル業者をスキー場内のレンタル業者から修学旅行生・観光客を顧客とするレンタル業者に変更しました。そして、このレンタル業者と協議の上、スキー学習前日の朝に、スキー場ではなく本校において用具の選択と支払いを行い、用具を翌日まで本校に保管するという方法に変更しました。この方法により、レンタルを利用した生徒はスキー学習当日の朝、バス内での集合時間前に本校で用具を受け取ることができます。また、学習後の用具の返却はスキー学習終了後に本校にて返却し、業者が引き取る形をとりました。

今年度の試みにより、スキー場到着後のレンタルにかかる時間を削減し、昨年に比べて10~15分は効率よくスキー学習を開始することができました。これにより、生徒はより多くの時間、スキーの楽しさを味わうことができたと考えています。今後も、返却の方法を含め、さらに手軽にスキーを楽しむことのできるスキー学習の在り方を検討していきたいと考えています。

 

柏丘中の図

 

 

 

 

 

 

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862