ここから本文です。

更新日:2011年3月24日

青葉中学校の取組

1.学校紹介

青葉中の写真1

本校は昭和57年4月に開校し、平成23年度に開校30周年を迎えます。青葉中学校の生徒は、上野幌小学校、青葉小学校、共栄小学校の3校が母体小学校です。本校が所在する厚別区青葉地区は市内で最も高齢者の居住率の高い地域であり、本校においてもボランティア活動などを通して、お年寄りとの交流が盛んに行われています。

また、本校は札幌市の東部に位置しており、近隣にスキー場がないため、校区に住む子どもたちは、日常的にスキーを楽しむことが難しい状況であり、北国札幌の大きな特色である「雪」に親しむ機会が少ないというのが現状です。

2.研究目標・学校の実態として

青葉中の写真2

札幌市内の多くの中学校では、現行の学習指導要領が全面実施された時期から、北国でしか経験できないウィンタースポーツの代表ともいえるスキーを教材とした体育授業を取りやめました。しかし、本校では、冬季間の運動不足を解消するためのスポーツとして、また生きがいや健康増進のための生涯スポーツにつなげることを目的にスキー学習を継続してきました。

この間、本校でも、少子化による学校規模の縮小に伴う保健体育科の教員数の減少、また教科時数の確保というスキー学習を継続する上での課題もありましたが、本校教職員のスキー学習に対する絶大なる理解と協力により、現在まで継続実施することができました。

これまで、スキー学習の実施に当たり、経済的理由による不参加がなく、例年スキー学習実施後のリフト代金・傷害保険料の納入率も100パーセントでした。しかし、現在の社会情勢を鑑みたとき、今後も引き続き、このような状況が継続できるかど不透明です。このような状況を踏まえ、今年度、PTAがスキー学習における保護者の経済的負担を少しでも軽減するため、本校独自のスキーリサイクル事業の実施を試みました。また、毎年苦慮している体育教師以外の指導者確保の方策として、地域ボランティアの活用をシステム化できないかを模索しています。

今後も、学習効果の挙がる効率のよい指導法を探究し、「雪」を活用した生涯スポーツ・健康づくりとしてのスキーの楽しさを生徒たちに味わわせたいと考えています。

3.指導者の確保について

今年度、本校では学級減により保健体育科教員が1名となりました。幸い時間講師の配置があり2名体制となりましたが、スキー学習における能力別・技能別指導を考えた場合、2名の指導者では現実的にはスキー学習の実施は不可能です。そこで、ここ数年は、札幌市観光文化局スポーツ部のスキー学習支援事業を活用し、2名のインストラクターを派遣いただくとともに、本校でも、保健体育科以外で体育の教員免許を持つ教員が、毎回指導者として支援しています。

この他、地域の人材活用として、スキー指導の資格を持つ方を札幌スキー連盟から紹介していただき2名配置することができました。この成果を踏まえ、今後はPTA組織、町内会組織の中で、地域指導者の人材発掘のシステム化を模索したいと考えています。結果として、保健体育科教師2名、スキー学習支援事業から派遣指導者2名、地域の協力者2名、本校の免許保持教師1名の合計7名による少人数での技能別指導が可能になり、生徒一人一人に個別指導ができました。これまで以上に効率的に学習を進めることができ、滑走経験や絶対的な滑走料も増え、学習効果が挙がったと確信しています。

4.スキーリサイクル事業について

青葉中の写真3

本校では今年度、スキーやウェア等の購入に伴う保護者の負担軽減を図ることやスキー用具の有効活用を図ることを目的とし、保護者や地域の方々の協力の下、PTAによるスキーリサイクル事業を次のとおりに計画しました。

1.概要

家庭にある使用していないスキー用品で、中学生が使えるもの(昔のノーマルスキーは不可)を寄贈していただき、PTAを通じて、安価に販売します。利益については、PTA特別会計に入れ、生徒の学習活動に還元します。

2.方法

11月中に、PTAのスキーリサイクル担当者が、保護者・地域宛の文書でスキー用品の寄贈を依頼します。事前準備として、会場設営・値付け・当日の販売・後片付け・収支処理等を行う予定です。

青葉中の写真4

3.販売日時

12月14日(火曜日)・15日(水曜日)14時00分~16時00分に学校を会場として販売を行う。
12月の学期末懇談会の日程のうち2日間で販売する。

※写真のような用具の寄贈をいただいたが、数が少ないこともあり、今年度の販売は中止とし、提供いただいた用具は次年度の事業で活用することとしました。今後、さらに取組方法や問題点等を探っていきたいと考えています。

 

5.取組・研究を終えて

今年度、スキー学習モデル校として掲げたテーマ「スキー学習の指導方法の工夫・改善」についての具体的取組の一つ目は、指導者の確保でした。外部人材の活用や地域の方々の協力により、1年生69名に対しては6名の指導者、2年生87名に対しては7名の指導者を確保できました。また、この他、スキー指導の資格を持つ教頭が、非常時の連絡要員として全実施日に参加しています。これにより、今までにはない、少人数指導による効率のよいスキー学習を行うことができ、本研究テーマに迫ることのできる取組であったと考えています。次年度以降、本校教員の支援体制と地域の人材活用については、教員の異動や地域協力者の都合により継続できる保証はありませんが、地域のスキー連盟担当者との関係づくりはできたので、さらなる地域の人材活用のシステム化を進めていきたいと思います。

研究課題の二つ目は、スキーリサイクル事業です。上記のねらいを基に計画し事業を進めましたが、リサイクルするスキー用具の寄贈が少なく、販売を中止せざるを得ませんでした。その理由としては、スキー用具が本校のリサイクル事業の前に実施された札幌市スキーリサイクル事業へ拠出されたこと、現在の経済情勢からスキーの買換えのサイクルが長くなっていること、中学生時に購入した用具を高等学校においても使用する場合が多いことなどが考えられます。

しかしながら、この事業は今年度限りとはせず、来年以降も引き続き寄贈を呼びかけ、実施していく予定です。また、来年度は寄贈を依頼する対象範囲や方法・時期をPTAとも連携しながら、地域の回覧板の利用やHP掲載による広報活動等を広く展開するなど、より多くの用具が集まるよう工夫改善を図っていきたいと思います。このリサイクル事業の推進することにより、中学生の子どもを持つ家庭の経済的負担の軽減とスキー学習の発展につなげていきたいと考えています。

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862