ホーム > 教育・文化・スポーツ > 学校・幼稚園・教育 > 市立学校・幼稚園 > 学校施設 > 学校施設における煙突用アスベスト含有断熱材の対応について

ここから本文です。

更新日:2019年7月10日

学校施設における煙突用アスベスト含有断熱材の対応について

経緯

平成28年度の「煙突断熱材破損物等に係る市有施設の緊急点検」により、小・中学校15校において給食用ボイラーの煙突の断熱材等に剥落があり、うち13本の煙突内落下物にアスベストの含有が確認されたため、平成28年度中に改修を実施いたしました。

また、文部科学省の依頼による「煙突断熱材劣化度調査」に加え、成分分析等の精査を実施し、学校施設においてアスベスト含有の断熱材を使用している煙突は、上記13本を除き、100本と確認いたしました。

この他に断熱材を保護する「ライナー材」のみにアスベストを含有する煙突を23本確認いたしました。ライナー材に含まれるアスベストは飛散性が低いものとされておりますが、安全対策に万全を期すため、これらを含めた合計123本を対象として改修を進めました。

煙突の改修状況

平成29年度内に、断熱材にアスベストを含有する煙突100本のうち84本について改修を完了しました。平成30年度内に、残りの16本にライナー材のみにアスベストを含有する23本を加えた合計39本について改修を完了しました。

煙突改修実施一覧

煙突改修実施一覧(PDF:107KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会生涯学習部学校施設課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目15 STV北2条ビル5階

電話番号:011-211-3832  内線:3832

ファクス番号:011-211-3837