ホーム > 教育・文化・スポーツ > 学校・幼稚園・教育 > 教育についての取り組み・計画 > 学校給食 > 楽しさとゆとりのある給食推進事業計画-楽しさとゆとりのある給食推進事業計画の基本的考え方

ここから本文です。

更新日:2016年10月18日

楽しさとゆとりのある給食推進事業計画-楽しさとゆとりのある給食推進事業計画の基本的考え方

学校給食が、「欠食児童」対策として生まれてから、戦後の食料不足や、経済の高度成長などの社会変化を経るなか、本市においても、栄養価の高い食事を均一に供給することで、子ども達の心身の発達に大きく貢献してきたところです。

本市の学校給食は、昭和22年に開始して以来、その普及充実に努めるとともに、親子方式の導入(昭和37年)やパート職員の採用(昭和39年)などの工夫を重ねながら、昭和47年には全小学校で、平成5年には全中学校で完全給食を達成し、現在に至っています。

しかし、近年、社会や人々のくらしが大きく変化するに伴い、学校給食には、子ども達が生涯にわたって健康で充実した生活を送るための「食」を通しての栄養教育、健康教育としての役割が期待されており、時代に即応した「楽しさとゆとりのある給食」のより一層の推進が求められています。

こうした時代的要請を背景として、平成9年2月に、学校給食の将来像について札幌市学校給食運営委員会に諮問、同年9月「札幌市における学校給食の今後のあり方について」の提言が示されたことから、本市としては、この提言を学校給食の指針と位置づけるとともに、「子ども達にとってどうあるべきか」ということを基本に、学校給食をより一層充実させていくために提言の具体化、事業化を図る必要があります。

そこで、今日的な課題を踏まえつつ、将来に向かって、本市の学校給食がさらに、その役割を果たしていくために、学校給食の一層の充実を目指した「楽しさとゆとりのある給食推進事業計画」を策定しました。

なお、本計画の実施後においても、その方策等について随時検証しながら、さらに望ましい改善方策について引き続き検討を重ねていきます。

事業推進の視点

  1. 子ども達が生涯に渡って健康を維持していくために、学校給食を通して栄養や健康を意識した自己管理能力を育てる。
  2. 食事環境の整備を進め、豊かで楽しい学校給食の充実を図る。
  3. 会食を通した交流の機会を広げ、豊かな人間性を育む。
  4. 食生活の基盤である家庭との連携を強めるとともに、学校給食と家庭との役割分担を明確にし、子ども達の食生活の一層の充実を図る。
  5. これら等の目的を達成するための運営体制を整備する。

学校給食についてのページへ楽しさとゆとりのある給食推進事業のページ

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会生涯学習部保健給食課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目15 STV北2条ビル5階