ホーム > 教育・文化・スポーツ > 学校・幼稚園・教育 > 教育委員会 > 教育方針説明会での挨拶~委員長 山中善夫

ここから本文です。

更新日:2014年4月8日

教育方針説明会での挨拶~委員長 山中善夫

 

 

 昨今の教育を巡る情勢につきましては、教育委員会制度をはじめ、道徳教育や土曜日の活用、いじめ防止対策の在り方など、各方面から高い関心が寄せられ、さまざまな角度から議論がなされています。どれひとつとして簡単な答えのある問題ではなく、また一人ひとりの子どもの成長に関わることであると考えると、身の引き締まる思いがいたします。

 

 ところで、先のソチオリンピックやパラリンピックでは、多くの日本人選手そして道産子選手が活躍し、多くの感動を与えました。幼い頃からの夢をかなえ、輝くメダルを胸に笑顔を見せる選手の姿には、日本中が沸きました。震災に負けずに頑張って金メダルに輝いた選手、転倒してもそのあと見事に自己最高点を出した選手、16年かけてついにメダルを取った選手、不慮の事故に負けずに金メダルに輝いた選手、メダルは取れなかったけど納得の競技ができた選手、残念ながら力を出し切れなかった選手など、多くのドラマがありました。皆さんも睡眠不足になりがちの日々だったのではないでしょうか。

 また、スポーツ以外でも、札幌っ子が頑張っています。2012年に全国合唱コンクールで文科大臣賞を受賞して頂点に輝いた札幌旭丘高校の合唱部が、今、イタリア方面をまわって、バチカン市国のサンピエトロ大聖堂やフィレンツェで合唱を披露しています。

 みなそれぞれに、夢を追い求め、努力を積み重ねてきた本人の意思の強さのほか、家族や友人、地域や指導者などの継続的な支えがあったからこそと思います。

 そして、あらためて、子どもたちの未来やかけがえのない命を守り、子どもたちが心豊かにたくましく成長できるようなきっかけや環境をつくっていくことが教育の責務であると、強く感じたところでございます。

 さて、各学校においては、新年度から施行される新たな「教育振興基本計画」に基づき、「札幌らしい特色ある学校教育」を推進していただくこととなりますが、そのためには、教育内容の充実はもとより、子どもたちが安心して学べるよう配慮しながら、先生方が子どもたちと向き合う時間を十分確保し、教職員の資質向上を図るなど、広く全体を見渡しながら、きめ細やかな対応を行っていくことが必要と考えております。

 その実現には、さまざまな課題もありますが、一つ一つ着実に取り組み、解決していきたいと考えておりますので、より一層の御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。

 皆様は日々、子どもたちを見守り、教え、育むなかで、子どもたち一人ひとりの未来に関わっています。

 皆様が先生になられた時の気持ちを思い出してください。教育のスペシャリストとしての豊富な知識や経験を存分に活用し、改めて子どもたちの未来を思いやってください。皆様の熱意と努力こそが、札幌市の子どもたちの未来を、明るい希望に満ちた豊かなものにすると確信しております。

 昨年亡くなった、南アフリカのマンデラ元大統領は、「教育とは、世界を変えるために用いることができる、最も強力な武器である。」といっています。歴史を見てもお分かりのとおり、それによって、世界を、また日本を良く変えることも悪く変えることもできるのです。

 私どもは、現場で子どもたちに向き合う皆様を信頼しております。学校・幼稚園を運営するに当たり、様々な試みをし、教職員の皆様、保護者の皆様、地域の皆様にも、情熱をもって語りかけてください。子供たちの未来を見据えて、よりよい方向へ世界を変えていく一歩を築いてください。宜しくお願い致します。

 教育委員会と致しましても、各園、各校とともに、問題を共有し、できる限りの支援をしていきたいと考えております。悩みや疑問があれば、決して抱え込むことなく、ご相談いただきたいと思っております。

 最後になりますが、新しい年度における子どもたちの一層健やかな成長を願うとともに、皆様の御活躍と御健勝を心から祈念致しまして、簡単ではございますが、私からの挨拶とさせて頂きます。

 

平成26年度学校長・園長向け「教育方針説明会」(平成26年3月27日開催)の挨拶より

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会生涯学習部総務課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル5階 

電話番号:011-211-3825

ファクス番号:011-211-3828