ここから本文です。

更新日:2013年3月5日

校務支援システムについて

札幌市では、平成25年4月から、市内の全市立学校で「校務支援システム」を導入します。

校務支援システムとは・・・

従来、出欠管理や成績管理などの校務は、教職員が個別に手作業又はパソコンのオフィスソフトを利用して処理を行っていました。このことで、事務処理作業に追われ、児童生徒とのふれあいや指導、授業の研究や準備といった、教育の本来目的のために十分な時間を取れない状況でした。

校務支援システムは、これらの校務を、情報通信技術を活用してシステム化し、処理することができるようにするものです。このシステムの導入により、教職員の事務処理作業の時間を削減し、その分、児童生徒とのふれあいや指導、授業の研究や準備などの時間を増やすことにより、教育の質の向上を図ります。

導入のイメージ

koumuimage

導入スケジュール

平成24年4月~ システムの構築・研修等の導入準備
平成24年9月 パイロット校への導入(小学校20校、中学校10校、高等学校2校、特別支援学校1校)
平成25年4月 全市立学校への導入

システムの安全性

システムの導入に伴い、教職員や児童生徒の情報をこのシステムに登録することとなります。これらの大切な情報が登録されたシステムの安全性を第一と考え、365日24時間の監視体制のもとで管理いたします。また、コンピュータウィルスや外部からの不正アクセスなどに備え、様々なセキュリティ対策を実施します。さらに、震災等の万が一の場合でも、確実に復旧できるようなバックアップ体制をとるなど、細心の注意を払いながら、安全・安心な環境構築してまいります。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会生涯学習部総務課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目15 STV北2条ビル5階 

電話番号:011-211-3826

ファクス番号:011-211-3828