ここから本文です。

更新日:2015年3月31日

札幌市公式ホームページのウェブアクセシビリティ方針

ウェブアクセシビリティとは

ウェブアクセシビリティとは、高齢者や障害者といった、ホームページ等の利用になんらかの制約があったり利用に不慣れな人々を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味します(総務省「みんなの公共サイト運用モデル(2010年度改定版)」より)。
ウェブアクセシビリティに関する日本工業規格JIS X 8341-3:2010(以下「JIS」という。)が平成22年に改正公示され、これに伴い改定された総務省「みんなの公共サイト運用モデル(2010年度改定版)」により、国及び地方公共団体等の公的機関に対しJISに対応したホームページとするための取組みが求められています。

札幌市の取組み

札幌市では、「年齢や障がいの有無を問わず、誰にとっても分かりやすく利用しやすいホームページの実現」を目指しております。

2010年8月20日に改正されたJIS X 8341-3:2010「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」に基づき、札幌市は以下のようにウェブアクセシビリティ方針を定め、ホームページのアクセシビリティの維持・向上に努めてまいります。

札幌市の対応状況

 札幌市では、2014年度にJIS X 8341-3:2010に基づく札幌市公式ホームページの試験を行い、達成等級A及びAAに問題があることを確認しました。

 札幌市公式ホームページのJIS X 8341-3:2010に基づく試験結果(2015年3月13日)のページへのリンク

 試験結果から把握した主な問題点

  • 画像の代替テキストが適切でなく、音声読み上げソフトの利用者等に情報が適切に伝わらない箇所がある。
  • 文字の色と背景の色とのコントラストが不十分なため、文字を読み取りづらい箇所がある。
  • マウスを使わずキーボードのみでホームページを利用した際に、操作できない箇所がある。

対応について

試験の結果、明らかになった問題点についてシステムの改修等を進め修正。再度試験を実施し、達成等級AA一部準拠を達成しました。

ž札幌市公式ホームページのJIS X 8341-3:2010に基づく試験結果(2015年3月31日)のページへのリンク

ウェブアクセシビリティ方針

対象範囲

札幌市公式ホームページであるhttp://www.city.sapporo.jp/およびhttps://www.city.sapporo.jp/配下のCMS(コンテンツマネジメントシステム)で作成し、管理するもの。

対象範囲から除くもの

  • Facebook、Mixi、はてなブックマーク、Google+、twitterなどのSNSボタン
  • PDFファイルは、可能な限り達成基準に配慮して作成するように努めますが、ビジュアルを重視するものについては対象外といたします。
  • 動画には、可能な限りテキストでの代替情報を提供するよう努めますが、外部サービスの動画プレイヤーなどは対象外といたします。
  • Googleマップは、地図情報の代替情報を可能な限り提供するように努めますが、外部サービスであるGoogleマップそのものは対象外といたします。

達成等級

札幌市では、平成27年3月31日に実施した試験の結果達成等級AAに一部準拠※(およびAAAの基準を一部追加)しました。

※等級AAに一部準拠とは
JIS X 8341-3:2010にはA、AA、AAAの3つの等級があり、この等級Aの全ての達成基準を満たすが、等級AAの達成基準の一部について満たせない場合に「等級AAに準拠した」ということができます。この表記方法については、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2010 対応度表記ガイドライン 第1版 - 2010年8月20日」で定められた表記によります。

目標に含めない達成基準

  •  7.1.2.5 収録済みの映像コンテンツの音声ガイドに関する達成基準(AA)

追加する達成基準

  • 7.2.3.2 3回のせん光に関する達成基準(AAA)

今後について

札幌市では、日々ホームページを作成・更新しています。今後もアクセシビリティに配慮したホームページを維持するため、以下の取り組みを行います。

システムを利用したアクセシビリティチェック

ページの新規作成・更新のたびに、システムを利用したアクセシビリティチェックを行い、問題点があった場合は修正します。

ホームページ担当者のアクセシビリティ研修受講

毎年全部署のホームページ担当者がアクセシビリティ研修を受講し、アクセシビリティへの意識向上と技術の習得に努めます。 

代替手段の提供

万一、アクセシビリティ対応が不十分で情報が得られない場合は,電話・問い合わせフォーム等で問い合わせができるようにページ作成担当部署の連絡先をページ下部に記載します。

定期的なアクセシビリティ検証

アクセシビリティに配慮したページが提供できているか確認するため、今後も定期的にアクセシビリティ検証を実施します。

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部広報課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎11階

電話番号:011-211-2036

ファクス番号:011-218-5161