ここから本文です。

更新日:2019年9月18日

子どものくらし支援コーディネート事業

「札幌市子どもの貧困対策計画」を策定するにあたり実施した「札幌市子ども・若者生活実態調査(平成28年度)」の結果から、困難を抱えていると考えられる世帯ほど、相談相手がいない、支援策の情報を得られていないなど、社会的孤立の傾向にあるという結果が確認されました。

子どものくらし支援コーディネート事業は、子どもやその家庭が抱える困難を早期に把握し、必要な支援につなげるために、「子どもコーディネーター」を配置する取組です。

平成30年(2018年)8月1日から、一部地区で実施しておりますが、令和元年(2019年)8月1日から、新たに対象地区を拡大いたします。

子どもコーディネーターのご案内(PDF:571KB)

支援対象者

経済的な問題や、家庭環境等様々な困難を抱えていることにより、成長や将来的な自立に向けて困難な影響が生じている状態にある子どもや若者※、その家族

※出生前から社会的自立へ移行する、おおむね20歳代前半まで

対象地区

対象地区

開始年月

中央区 苗穂地区、豊水地区、山鼻地区、円山地区、桑園地区 令和元年8月~
北区 新琴似地区、新琴似西地区、屯田地区、麻生地区、太平百合が原地区 平成30年8月~
東区 鉄東地区、北光地区、栄東地区、元町地区、伏古本町地区 平成30年8月~
白石区 白石地区、東白石地区、菊水地区、北白石地区、菊の里地区 平成30年11~
厚別区 厚別中央地区、厚別南地区、厚別西地区、もみじ台地区、青葉地区、厚別東地区 令和元年8月~
豊平区 美園地区、月寒地区、中の島地区、東月寒地区、南平岸地区 平成30年11月~
清田区 北野地区、清田中央地区、平岡地区、清田地区、里塚・美しが丘地区 平成30年11月~
南区 真駒内地区、藤野地区、藻岩地区、澄川地区 令和元年8月~
西区 西町地区、西野地区、山の手地区、発寒地区、八軒中央地区 平成30年11~
手稲区 手稲鉄北地区、前田地区、新発寒地区、稲穂金山地区、星置地区 令和元年8月~

事業概要

配置場所 札幌市若者支援総合センター内(札幌市中央区南1条東2丁目大通バスセンタービル2号館2階)
電話番号 011-223-4421
受付時間

10時00分~18時00分(土曜日曜、祝日、年末年始、同センターの休館日を除く)

子どものくらし支援コーディネート事業は、公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会を委託者として選定し実施します。

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市子ども未来局子ども育成部子どものくらし支援担当課

〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目5 大通バスセンタービル1号館3階

電話番号:011-211-2947

ファクス番号:011-211-2943