ここから本文です。

更新日:2016年3月25日

子どもサポーター養成講座

地域のまちづくりなどへの「子どもの参加」を促進するため、子どもの活動をサポートする大人(子どもサポーター)を対象として、具体的な子どもの参加の事例について学ぶとともに、グループワークを通し、子どもの主体性を引き出すコミュニケーションなど実践的な技能の習得を目指す講座を開催しています。

平成27年度子どもサポーター養成講座を開催します

※終了いたしました。

後期

※募集は終了いたしました。

申込チラシの必要事項を記載し、お申し込みください。

開催概要

コース

日時

場所

講師・内容

「子どもの参加」を

企画する方法①

平成28年3月4日(金曜日)

10時00分~15時30分

子どもの体験活動の場 Coミドリ(こみどり)※1

(南区真駒内幸町2丁目2-2「まこまる」※2内)

  • 講師:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会

野外施設部長 下川原 清貴 氏ほか

  • 内容:地域で行う活動などを企画するための方法や、考え方を学ぶ、子どもと活動する際のコミュニケーションや、サポーターとしての視点について考えるなど

同上②

平成28年3月5日(土曜日)

10時00分~15時30分

同上

同上

  • 講義の中でCoミドリの見学を予定しています。
  • 途中1時間程度の休憩があります。
  • ①、②は同一の内容です。いずれか1回受講することができます。
  • 本講座は、平成22年度から開催している講座であり、基本となる内容は平成25年度、26年度に開催した「子どもサポーター養成講座(基礎編)」と同等となっています。その時の様子はこちらをご覧ください。平成25年度基礎編
  • 会場には、本講座受講者用の駐車スペースはございません。公共交通機関をご利用の上、お越しください。

※1.Coミドリ:プレーパークや昔遊びなど、多様な体験機会を子どもに提供する場

※2.まこまる:平成24年3月に閉校となった真駒内緑小学校の跡利用施設(地下鉄真駒内駅から徒歩5分)

申込

  1. 定員:各回20人程度(応募者多数の場合、抽選となります。)
  2. 期限:平成28年2月18日(木曜日)まで(必着)
    ※定員に空きがございますので、期限後ですがお申込みいただけます(先着順)。詳しくは、子どもの権利推進課(211-2942)までお電話ください。
    ※期限内にお申込みいただいた方には、受講のご案内を郵送させていただきます。2月24日(水曜日)までに届かない場合には、子どもの権利推進課(211-2942)までお電話ください。
  3. 申込方法
    必要事項(1.氏名・ふりがな、2.年齢、3.性別、4電話・ファクス・Eメール、5.住所、6.受講を希望するコース、7.現在の子どもに関わる活動の状況)を、郵送、ファクス(211-2943)、Eメール(kodomo.kenri@city.sapporo.jp)のいずれかでお送りください。

ページの先頭へ戻る

前期

※募集は終了いたしました。

以下のチラシに必要事項を記載し、お申し込みください。

開催概要

コース

日時

場所

講師・内容

子どもの力を信じて支援する方法① 平成27年10月24日(土曜日)10時00分~15時00分 大通バスセンタービル1号館3階子ども未来局大会議室(中央区南1条東1丁目)
  • 講師 北海道CAPをすすめる会 代表 木村 里美 氏
  • 内容 支援の前提としての子ども観(子どもの見方)、子どもの人権尊重の考え方、子どもの内なる力を信じ、その力に働きかけるエンパワメントの方法や具体的なコミュニケーションスキル、子どもの人権尊重とエンパワメントを、ロールプレイやペアワークなどを使って参加型で学ぶ、「暴力を考える」、「怒りの仮面ほほえみ仮面」、「心の応急手当」など
同上② 平成27年10月30日(金曜日)10時00分~15時00分 札幌市役所本庁舎14階1号会議室(中央区北1条西2丁目)

同上

※①と②は同一の内容です。

※途中1時間程度の休憩があります。

※①、②は同一の内容です。いずれか1回受講することができます。

※本講座については、平成26年度に開催した「子どもの力を信じて支援する方法【応用編】」と同等の内容となっています。

申込

  1. 定員:各回20人程度(応募者多数の場合、抽選となります。)
  2. 期限
    平成27年10月15日(木曜日)まで(必着)
    ※定員に空きがある場合は、期限後でもお申込みいただけます。詳しくは、子どもの権利推進課(211-2942)までお電話ください。
  3. 申込方法
    上記の申込チラシに必要事項(1.氏名・ふりがな、2.年齢、3.性別、4.電話、ファクス、Eメール、5.住所、6.受講を希望するコース、7.現在の子どもに関わる活動の状況)を記載し、郵送、ファクス(211-2943)、Eメール(kodomo.kenri@city.sapporo.jp)のいずれかでお送りください。

ページの先頭へ戻る

平成26年度子どもサポーター養成講座

以下のチラシに必要事項を記載し、お申込みください。終了済み

後期

開催概要

コース

日時

場所

講師・内容

1.日常生活で人権を考えよう 平成27年2月21日(土曜日)10時00分~12時15分 札幌市役所本庁舎12階1~2号会議室(中央区北1条西2丁目)
  • 講師:札幌人権擁護委員協議会 小本 惠子 氏
  • 内容:「人権感覚」と「人権意識」、ダイヤモンドランキングを用いたグループワーク
2.①子どもの力を信じて支援する方法 平成27年2月21日(土曜日)13時15分~15時30分 札幌市役所本庁舎12階1~2号会議室(中央区北1条西2丁目)
  • 講師:北海道CAPをすすめる会 代表 木村 里美 氏
  • 内容:支援の前提としての子ども観(子どもの見方)、子どもの人権尊重の考え方、子どもの内なる力を信じ、その力に働きかけるエンパワメントの方法や具体的なコミュニケーションスキル
2.②同上 平成27年2月24日(火曜日)10時00分~12時15分 札幌市役所本庁舎地下1階1号会議室(中央区北1条西2丁目)

同上

※2の1.と2.は同一の内容です。

3.すべての子どもに明るい未来を 平成27年2月25日(水曜日)10時00分~12時15分 札幌市役所本庁舎6階会議室(中央区北1条西2丁目)
  • 講師:札幌市スクールソーシャルワーカー 日置 真世 氏
  • 内容:家庭に貧困や障がいなどの様々な困難を抱えた子どもの現状と背景、子どもを支える地域の様々な活動の実践例、子どもサポートの手法
4.子どもの力を信じて支援する方法【応用編】 平成27年3月7日(土曜日)10時00分~15時00分 札幌市役所本庁舎12階1~2号会議室(中央区北1条西2丁目)
  • 講師 北海道CAPをすすめる会 代表 木村 里美 氏
  • 内容 子どもの人権尊重とエンパワメントを、ロールプレイやペアワークなどを使って参加型で学ぶ。「暴力を考える」、「怒りの仮面ほほえみの仮面」、「心の応急手当」など

※1~4いずれの受講も複数受講も可能ですが、2の1.と2.は同一の内容のため、いずれか一方のみの受講となります。

※2及び3は、平成25年度にも実施した講座であり、基本となる内容は同一です。

申込

  1. 定員:各回20人程度(応募者多数の場合、抽選となります。)
  2. 期限
    コース1~3:平成27年2月16日(月曜日)まで(必着)
    コース4:平成27年2月27日(金曜日)まで(必着)
    ※期限後も定員に空きがある場合、申込いただけます。詳しくは、子どもの権利推進課(211-2942)までお電話ください。
  3. 申込方法
    上記の申込チラシに必要事項(1.氏名・ふりがな、2.年齢、3.性別、4.電話、ファクス、Eメール、5.住所、6.受講を希望するコース、7.現在の子どもに関わる活動の状況)を記載し、郵送、ファクス(211-2943)、Eメール(kodomo.kenri@city.sapporo.jp)でお送りください。

ページの先頭へ戻る

【基礎編】

終了済み

日時・会場

①日時:平成26年6月25日(水曜日)10時00分~15時30分、会場:札幌市役所本庁舎地下1階3号会議室(中央区北1条西2丁目)

②日時:平成26年7月5日(土曜日)10時00分~15時30分、会場:札幌市役所本庁舎6階1号会議室(中央区北1条西2丁目)

※いずれも同じ内容です。どちらか1回を受講することができます。

内容

  • 講師:札幌市青少年山の家 館長 下川原清貴氏ほか
  • 内容:地域で行う活動などを企画するための方法、考え方を学ぶ。子どもと活動する際のコミュニケーションや、サポーターとしての視点について考える。

※平成22年度から継続して実施している講座となり、基本となる内容は同一です。

定員

各20人程度

申込期限

平成26年6月16日(月曜日)まで。応募者多数の場合、抽選を行います。

申込期限後も、空きがある場合は受講していただくことができます。

応募方法

申込期限までに、上記の参加チラシに1氏名(ふりがな)、2年齢、3性別、4電話、ファクス、Eメールなどの連絡先、5住所、6受講希望回、7子どもに関わる活動の状況を明記してお送りください。

 

ページの先頭へ戻る

平成25年度子どもサポーター養成講座

※募集は終了しています。

開催概要

【子ども支援知識編】

日時・会場

コース1日時:平成26年3月1日(土曜日)10時00分~12時00分 会場:札幌市役所本庁舎12階会議室(中央区北1条西2丁目)

コース2日時:平成26年3月1日(土曜日)13時00分~15時00分 会場:札幌市役所本庁舎12階会議室(中央区北1条西2丁目)

内容

コース1、すべての子どもに明るい未来を

  • 講師:札幌市スクールソーシャルワーカー 日置 真世氏
  • 内容:不登校やひきこもりなど困難を抱える子どもの現状と背景、子どもを支える地域の様々な活動の実践例、子どもサポートの手法 などの講義

コース2、子どもの力を信じて支援する方法

  • 講師:北海道CAPをすすめる会 代表 木村 里美氏
  • 内容:支援の前提としての子ども観(子どもの見方)、子どもの人権尊重の考え方、子どもの内なる力を信じ、その力に働きかけるエンパワメントの方法や具体的なコミュニケーションスキルなどの講義

※コース1と2の両方の受講も可能です。

定員

各コース20人程度

申込期限

平成26年2月18日(火曜日)まで。応募者多数の場合、抽選を行います。申込期限後も、空きがある場合は受講していただくことができます。

応募方法

申込期限までに、上記の参加チラシに1.氏名(ふりがな)2.年齢3.性別4.電話、ファクス、Eメールなどの連絡先5.住所6.受講希望回7.子どもに関わる活動の状況を明記してお送りください。

【活動体験編】

日時

コース①日時:平成25年9月2日(月曜日)10時00分~16時00分 会場:円山動物園動物園プラザ(中央区宮が丘3番地1)

コース②日時:平成25年9月8日(日曜日)10時00分~16時00分 会場:西区民センター2階大会議室・琴似なかよし公園(西区琴似2条7丁目)

※基礎編・子どもとの企画編を受講していなくても受講可能です。
※①と②両方受講することが可能です。

※活動の内容、参加人数、天候等の条件により、15時程度に終わる場合があります。

内容

コース①自然体験学習

  • 講師:NPO法人ねおす 高野 克也 氏
  • 内容:子どもの主体性を引き出す自然体験活動(講義及び野外実習)。

コース②公園遊び

  • 講師:NPO法人公園ねっとわーく 代表理事 中村 佳子 氏、同理事 神保 武志 氏ほか
  • 内容:大人と子どもが楽しむ公園遊びの企画・忍者修行体験

定員

各日程20人程度

申込期限

平成25年8月22日(木曜日)まで。応募者多数の場合、抽選を行います。申込期限後も、空きがある場合は受講していただくことができます。

応募方法

申込期限までに、上記の参加チラシに1.氏名(ふりがな)2.年齢3.性別4.電話、ファクス、Eメールなどの連絡先5.住所6.受講希望回7.子どもに関わる活動の状況を明記してお送りください。

 

ページの先頭へ戻る

【子どもとの企画編】

日程

日時:平成25年7月21日(日曜日)10時00分~16時00分、会場:札幌市役所本庁舎12階会議室(中央区北1条西2丁目)

内容

  • 講師:札幌市定山渓自然の村 施設長 下河原 清貴 氏
  • 内容:地域で行う子どもの体験・交流事業の企画を子どもと一緒に行います。

定員

20人程度

申込期限

平成25年7月11日(木曜日)まで。応募者多数の場合、抽選を行います。申込期限後も、空きがある場合は受講していただくことができます。

開催結果

1.企画の立て方

子ども向け事業の企画の立て方について、講義を行いました。企画を立てるための手順、検討する項目、アイデアを引き出すコツなど、具体的なノウハウの解説がありました。

 

2.グループ活動支援の手法(グループワーク)

「閉校した学校の活用した地域の交流」をテーマに、グループで事業の目的やイメージを検討し、結果をプログラムポスターにまとめて発表を行いました。

当日は、平成24年度札幌市子ども議会の子ども議員18名も参加し、受講者と一緒に企画づくりを行いました。

受講者の主な企画案は以下のとおりです。

【講座の様子】

 

 

 

 

【基礎編】

研修概要

日程

①日時:平成25年6月23日(日曜日)10時00分~16時00分、会場:札幌市役所本庁舎12階会議室(中央区北1条西2丁目)100

②日時:平成25年6月28日(金曜日)10時00分~16時00分、会場:大通バスセンタービル1号館3階大会議室(中央区南1条東1丁目)

※①と②はいずれも同じ内容です。どちらか1回受講できます。

内容

  • 講師:札幌市定山渓自然の村 施設長 下河原 清貴 氏
  • 内容:地域で行う活動などを企画するための方法、考え方を学びます。そのほか、子どもと活動する際のコミュニケーションや、サポーターとしての視点について考えます。

定員

各日程20人程度

申込期限

平成25年6月13日(木曜日)まで。応募者多数の場合、抽選を行います。申込期限後も、空きがある場合は受講していただくことができます。

開催結果

  1. 子どもとのコミュニケーション
    アイスブレイクを交えて、伝える技術や受けとる技術について講義
  2. グループワーク
    子どもの現状とその解決方法(もしくは現状をよりよい方向へ進める方法)について、グループに分かれて話し合いを行いました。

【グループワークの様子】

グループワーク

 

グループワーク2

 

【応募方法】

【基礎編】【子どもとの企画編】ともに申込期限までに、上記の参加チラシに1.氏名(ふりがな)2.年齢3.性別4.電話、ファックス、Eメールなどの連絡先5.住所6.受講希望回7.子どもに関わる活動の状況を明記してお送りください。※募集は終了しました。

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市子ども未来局子ども育成部子どもの権利推進課

〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目 大通バスセンタービル1号館3階

電話番号:011-211-2942

ファクス番号:011-211-2943