ここから本文です。

更新日:2017年8月16日

平成28年度姉妹都市少年交流事業

平成28年7月28日(木曜日)から8月1日(月曜日)まで、札幌市内の10名の中高生を、札幌市交流団として大韓民国大田広域市に派遣しました。団員たちは、ホームステイを通じて韓国の文化や習慣など多くを学びました。

派遣の様子

7月28日(木曜日)【1日目】

<出発式>

simaitosi28-1

午前6時20分、札幌市役所前を出発しました。

<韓国仁川国際空港到着>

simiaitosi28-2 simiaitosi28-3

ノボシビルスク市の交流団員と合流し、いざ、大田広域市へ出発です。大田広域市へは、バスで約3時間半の道のりです。

<対面式>

simaitosi28-4simaitosi28-5simaitosi28-6simaitosi28-7simaitosi28-5

 

大田広域市内のホテルにて、ホストファミリーとの対面式。わくわく、ドキドキの瞬間でしたが、みんな温かく迎えてくれて、これからの滞在が楽しみになりました♪

7月29日(金曜日)【2日目】

<大田広域市副市長表敬訪問、市議会議場の見学>

simaitosi28-28 simaitosi28-8 simaitosi28-11

札幌市交流団とノボシビルスク市交流団は、大田広域市役所を訪れ、副市長にお会いしました。交流団をとても歓迎してくださいました。その後、隣の市議会の議場を見学。とても豪華な造りで団員たちも緊張した様子でした。

<昼食の様子>

simaitosi28-12 simaitosi28-13 simaitosi28-29

この日のお昼は、プルコギ。すっかりパートナーと仲良くなりました。みんなで食べると、とても美味しいですね。

<韓国の伝統遊びで交流>

simaitosi28-26 simaitosi28-16 simaitosi28-14

simaitosi28-17 simaitosi28-14 simaitosi28-19

韓国の伝統的な遊びを通じて、大田広域市とノボシビルスク市の青少年と交流しました。片足で跳び跳ねながら押し相撲をしたり、腕相撲をしたり、たくさん走り回ってちょっと疲れた一日でした。

7月30日(土曜日)【3日目】

<日本文化体験・ロシア文化体験>

simaitosi28-21 simaitosi28-20 simaitosi28-30

札幌団員は、和紙を使ったペン立ての作り方を大田広域市とノボシビルスク市の青少年に教えたほか、ロシア文化体験としてマトリョーシカの色付けを体験しました。

<大田広域市青少年フェスティバル>

simaitosi28-22 simaitosi28-23 simaitosi28-31

大田広域市青少年フェスティバルに参加し、けん玉や紙風船を紹介するブースを運営しました。

7月31日(日曜日)【4日目】

<さよならパーティー>

simaitosi28-24 simaitosi28-25 simaitosi28-26

simaitosi28-27 simaitosi28-32 simaitosi28-33

大田広域市で過ごす最後の夜。ホストファミリーとの残された時間を惜しむように過ごしました。

8月1日(月曜日)【5日目】

<札幌市役所前到着>

simaitosi28-34 simaitosi28-35

最終日は、ソウルを経由して、札幌へ。5日間おつかれさまでした。

帰国報告会

平成28年8月8日(月曜日)札幌市役所にて、板垣副市長に帰国報告をしました。帰国報告会では、平岡中3年の田中菜摘さんがホストファミリーとの思い出や現地で学んだことなどを発表しました。

simaitosi28-00 simaitosi28-36 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市子ども未来局子ども育成部子どもの権利推進課

〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目5 大通バスセンタービル1号館3階

電話番号:011-211-2942

ファクス番号:011-211-2943