ここから本文です。

更新日:2017年8月30日

利用案内

臨時休館

平成29年9月21日(木曜日)は、職員研修のため臨時休館いたします。

開館時間・休館日

 

開館時間 午前8時45分から午後5時15分まで(利用請求等の申込みは午後4時半まで)
休館日
  • 日曜日
  • 月曜日
  • 国民の祝日に関する法律に規定する休日
  • 年末年始(12月29日から1月3日まで)

 

公文書館のご利用方法について

特定重要公文書の利用方法について

  • 特定重要公文書を探したい場合は、閲覧室にある検索システムやインターネットに公開している特定重要公文書目録検索システムをご利用ください。
  • 特定重要公文書の利用を希望する場合は、特定重要公文書利用請求書にご記入の上、ご提出ください。
  • 一部の特定重要公文書を除き、文書の内容審査を行った上で、利用可能かどうかを決定し、利用請求者に通知します(請求日の翌日から数えて14日以内に決定し、通知します)。このため、利用するまでに日数を要する場合があることをご承知おきください。
  • 特定重要公文書に個人情報等が記録されている場合、破損のおそれがある場合等、利用を制限することがあります。

資料(図書、写真、地図等)の利用方法について

  • 資料を探したい場合は、閲覧室にある資料検索システムやインターネットに公開している所蔵資料検索システムをご利用ください。
  • 閲覧室にある資料は自由に閲覧できます。書庫等に収蔵している資料の閲覧を希望する場合は、資料閲覧申請書にご記入の上、ご提出ください。

閲覧室(旧郷土史相談室)について閲覧室

  • 特定重要公文書及び資料は、原則として閲覧室での閲覧となります。
  • 閲覧室への飲食物、動植物等の持ち込みはできません。
  • 閲覧室にはカバン等の持ち込みは出来ませんので、利用者用のロッカーにお預けください。
  • 閲覧室で使用できる筆記具は、鉛筆又はシャープペンシルのみです。

複写について

  • 申込みにより、職員が写しを作成し提供します(著作権法等による制限、特定重要公文書及び資料の状態等により、ご希望どおりの複写できない場合があります。)。
  • 複写は、希望する特定重要公文書及び資料1件につき1部となります。
  • 料金は、白黒(A3まで)1枚10円、カラー(A3まで)1枚20円です。

申請書類について 

 

施設の視察・見学について

札幌市公文書館では、施設の視察や見学を受け入れています。

学校の社会科見学など授業の一環としても利用していただいております。

ご希望の方は申請書にご記入の上、見学希望日の2週間前までにお申し込みください。

館内のご案内

館内案内図

交通案内

〒064-0808札幌市中央区南8条西2丁目旧豊水小学校複合施設内

地下鉄・東豊線『豊水すすきの』駅6・7番出口から徒歩3分
地下鉄・南北線『中島公園』駅1・2番出口から徒歩5分

※駐車場が2台分しかございませんので、ご来館の際は公共交通機関をご利用下さい。介助が必要な方や、団体でお越しになる場合、事前にご連絡いただければ可能な限り調整いたします(ご要望に沿えない場合もございます。)。

アクセス地図平成29年8月最新

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局行政部公文書館

〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-2

電話番号:011-521-0205

ファクス番号:011-521-0210