• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 消防 (火災予防・救助・救急) > 平成29年11月15日 「火災予防クリーンキャンペーン」開始のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2017年11月28日

平成29年11月15日 「火災予防クリーンキャンペーン」開始のお知らせ

「火災予防クリーンキャンペーン」について

 「火災予防クリーンキャンペーン」は、火災発生時などに備え、店舗内の階段・廊下・調理場などの管理を関係者自らが行うよう呼びかける、札幌市消防局の取り組みです。
 元々は、中央区のすすきの地区で平成27年から始まった取り組みで、多くの飲食店が入居するビルにおいて、避難経路となる廊下や階段に荷物を置かないようにしたり、調理場の火器設備を日ごろから点検することで火災予防を行うよう呼びかけているものです。歳末は特に多くの来客があることから、火災などの未然防止が欠かせない時期であり、特に重点的にキャンペーンを行っています。

清田地区商工振興会のキャンペーン参加について

 「火災予防クリーンキャンペーン」は徐々に他の地区へも広がりを見せており、この度、設立37年を迎える清田地区商工振興会も参加することとなりました。
 平成29年11月15日(水曜日)、清田消防署の粕田かおる(かしわだ かおる)予防課長から、清田地区商工振興会の齋藤忠明(さいとう ただあき)会長へ、同キャンペーンの趣旨を伝えるステッカーと火災予防リーフレットが手渡されました。同商工振興会は加盟店に対し、店舗設備の自主点検を意識づけるなどして、火災予防啓発を進めていきます。

20171115火災予防クリーンキャンペーン

(写真左:清田地区商工振興会の齋藤忠明会長)