• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 平成25年度 清田区ふれあいプラン

ここから本文です。

更新日:2013年4月23日

平成25年度 清田区ふれあいプラン

平成25年度清田区ふれあいプラン

あしりべつ桜並木通りの碑(秋)と桜(春)

運営にあたって

1 取り組み姿勢

 清田区は、区のシンボルである「白旗山」「あしりべつ川」「平岡梅林」をはじめとする自然の豊かさに恵まれており、地域資源を生かした取り組みが活発に行われています。各地区町内会連合会をはじめ各種団体の代表者などが集まり清田区のまちづくりについて話し合う「きよたまちづくり区民会議」においても、今年度のテーマは「豊かな自然環境を生かしたまちづくり」に決まり、自然環境を保全し、活用していく取り組みについて検討し、活動していきます。
 また、自然災害や高齢化など、身近な暮らしに不安を感じる中、誰もが安全で安心して暮らせるまちづくりを目指し、防災・防犯・福祉・健康を中心とした取り組みも、区民や各種団体・企業、行政が共に連携しながら進めています。
 平成25年度は、これまでの市民参加によるまちづくり活動の成果を踏まえつつ、親しまれ、信頼される清田区役所を目指して、清田区の使命である「みどり豊かで、地域のふれあいあふれ、誰もがやすらぎを感じるまちづくり」の実現に向けて取り組んでいきます。

2 最重点取り組み項目

(1)「豊かな自然環境を生かしたまちづくり」~きよたまちづくり区民会議・あしりべつ桜並木通りの魅力アップ~

 「きよたまちづくり区民会議」において「豊かな自然環境を生かしたまちづくり」をテーマに据え、環境意識の向上や清田区への愛着の深まり、地域のイメージアップや魅力作りなどを目指して、清田区の自然環境を保全・活用する取り組みについて検討を進め、実施していきます。
 また、旧国道36号の桜並木や広い遊歩道スペースを生かし、歩行者が心地よく利用できることを目指し策定された『やすらぎ歩行空間プラン』に基づき、「あしりべつ桜並木通り」の愛称が付けられた対象区間を舞台として、ウォーキングや草刈り清掃、花壇作りなどに取り組みます。

(2)「安心して暮らせるまちづくり」~地域の防災力向上に向けた活動支援・保健福祉活動の充実~

 防災訓練や避難所宿泊体験(厳冬期含む)、災害時助け合い活動研修会などを実施し、防災関係機関との連携強化や災害時に避難の手助けが必要な要援護者への支援体制づくりなど、地域の防災力向上に向けた取り組みを支援します。
 また、平岡地区をモデル地区に支え合い活動の強化と保健師の地域保健活動の充実を図ります。

平成25年(2013年)4月 清田区長 新谷 光人(あらや みつひと)

清田区ふれあいプラン

目次

 1 清田区の使命
 2 目標・運営
 3 重点取り組み項目
 (1) 「親しまれ、ふれあいあふれる清田区役所」を目指して
 (2) 「市民参加によるまちづくり」の実現

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市清田区市民部総務企画課

〒004-8613 札幌市清田区平岡1条1丁目2-1

電話番号:011-889-2018

ファクス番号:011-889-2402