• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 平成21年度 清田区ふれあいプラン

ここから本文です。

更新日:2011年1月27日

平成21年度 清田区ふれあいプラン

清田区ふれあいプラン

運営にあたって

1 取組姿勢

 清田区は、区のシンボルである「白旗山、あしりべつ川、平岡梅林」をはじめとするみどり豊かな自然環境に恵まれ、各地区のまちづくり活動においても、周囲の自然環境を活かし、守っていく活動が活発です。また、地域で安全に安心して暮らせる住みよいまちづくりを目指す防犯・福祉を中心とした取り組みも、行政と連携しながら盛んに行われています。

 一方で、札幌市で最も新しい区として、宅地造成による新たな住民の流入への対応や、社会資本整備に関する高い要望など、継続的に取り組むべき課題があり、地域と行政の連携がこれまで以上に重要となってきています。

 これらのことを踏まえ、平成21年度は、「みどり豊かで、地域のふれあいあふれ、誰もがやすらぎを感じるまちづくり」を清田区の使命として、まちづくりに取り組んでいきます。

2 最重点取組項目

1)やすらぎ歩行空間プラン

 区民が集い、親しみとやすらぎを感じてもらうことを目的とした旧国道36号線に関わる「やすらぎ歩行空間プラン」の策定にあたっては、「市民参加」の視点を踏まえ、「きよたまちづくり区民会議」との連携や地域住民が参加するワークショップの開催などを通じ、利用者となる区民の意見を積極的に反映させていきます。こうした市民参加による意見の反映手法は、今後、区が実施するさまざまな事業に活かしていきたいと考えています。

(2)「親しまれ、ふれあいあふれる清田区役所」

 清田区は、これまで職員で構成する「さわやかサービス推進委員会」を中心に、市民に対するサービスアップや職場内のコミュニケーションの活性化などに取り組んできました。今後もこれらの取り組みを継続することにより、区が直面する課題に対して組織横断的に協力し合い、解決することができるように職員の意識を改革していきます。

 また、この取り組みを進めるため、今年度は職員の意気込みを表すキャッチフレーズとして、「打てば、響きます。感響(かんきょう)区役所 清田!」を掲げました。これは、区民の感性・思いが響きあう区役所であることと、「環境」に配慮した取り組みを行うことを併せて表現したものです。

平成21年(2009年)4月 清田区長 石倉 昭男

 

 

清田区ふれあいプラン

目次

 

  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市清田区市民部総務企画課

〒004-8613 札幌市清田区平岡1条1丁目2-1

電話番号:011-889-2018

ファクス番号:011-889-2402