• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > これまでの主要事業(ふれあいプラン) > 平成19年度・清田区ふれあいプラン

ここから本文です。

更新日:2011年1月14日

平成19年度・清田区ふれあいプラン

【タイトル】平成19年度清田区ふれあいプラン

【目次】

  1. 清田区の使命
  2. 清田区の目標・運営方針
  3. 清田区の重点取組項目
    1) 清田区の特性や区民のニーズに基づくまちづくりを進める取り組み
    2) 区民との情報共有を推進し、区民の皆さんと積極的な対話を進める取り組み

    3) 各地区のまちづくりセンターを拠点とした地域の活動を支援する取り組み
    4) より親しまれ、ふれあいあふれる清田区役所を目指す取り組み

    ふれあいプランの推進体制PDF(202KB)

I 清田区の使命

(1)区民が主役のまちづくりの推進
 魅力あふれる地域づくりを推進していく主役は市民です。
 区役所は、まちづくりセンターなどを拠点にさまざまな区民、団体と情報を共有、交流することによって、地域の特性や住民のニーズを把握し、区民の主体的なまちづくりを区民と共に実施し、支援していきます。特に自然環境に恵まれた清田区では、持続可能な循環型社会への転換を図るため、ゴミ減量・省資源・リサイクルの促進、河川清掃など環境改善につながる多様な施策を地域との連携を深めつつ推進します。
 そうしたさまざまな取り組みにより、多くの区民がまちづくりに関心をもち、まちづくりの様々な場面に参加していくようになることを、そして区役所が真にまちづくりの良きパートナーとしての信頼を得られるようになることを目指します。

(2)地域における「行政の総合窓口」

 区民の皆さんにとって、区役所は最も身近な「地域における行政の総合窓口」であるとともに、対話を通じて区民の皆さんが積極的に市政に参加する「市民自治実践」の場でもあります。これまで通り、職員が一人ひとりの区民に的確に対応し、一度一度の出会いを大切に積み重ねていくことにより、区民の皆さんと信頼関係を結び、皆さんの意見や思いを受け止めていくことが重要です。

(3)さまざまな連携の促進
 区役所がさまざまな区民、団体と対話を進め、地域の意見や要望に基づく取り組みを進めていくには、区役所と区民の皆さんとの連携はもちろん、区役所の各組織や市役所の各部局とのコミュニケーションをこれまで以上に密にしていく必要があります。清田区は、区民の意見の施策反映のため、区役所内及び市役所各部局との連携をこれまで以上に深め、地域の課題や要望に総合的に取り組んでいきます。

II 清田区の目標・運営方針

清田区の使命を果たすために、次の目標・運営方針を掲げます。

目 標

  1. 清田区の特性や区民のニーズに基づくまちづくりを進めます。
  2. 区民との情報共有を推進し、区民のみなさんと積極的な対話を進めます。
  3. 各地区のまちづくりセンターを拠点とした地域の取り組みを支援します。
  4. 「より親しまれ、ふれあいあふれる清田区役所」を目指します。

運 営 方 針

  1. 地域の課題や意見に関する情報や行政側の情報を、より多くの媒体を通じて、分かりやすく区民に提供します。
  2. 区民の多様な意見を、広く把握することができるよう、区民との意見交換を行います。
  3. 地域のまちづくりを担う人々の連携を進め、まちづくりへの区民参加を促進します。
  4. 清田区誕生10周年を迎え、これからのまちづくりを区民とともに考えます。
  5. 接遇、サービスアップについて、意識をより一層高め、質の向上を図ります。

III 清田区の重点取組項目

1)清田区の特性や区民のニーズに基づくまちづくりを進める取り組み
 かつて経験したことのない厳しい財政状況に直面している現在、区民の皆さんと共に知恵を出し合い、議論を重ね、さまざまな課題を克服していきたいと考えています。まちづくりの主役は区民の皆さんです。私たちは、「元気なまちづくり支援事業」を活用し、地域と連携した事業を推し進め、地域活動を一生懸命、下支えします。

◆ 地区センターの建設【写真】運営を考える会
 区民の意見を取り入れた地区センターづくりのため、平成16、17年度には建設ワークショップ、平成18年度には建設検討委員会において、いずれも公募した区民による検討を重ね、構想案や設計案に反映させました。平成18年度の11月からは「運営を考える会」を同じく公募委員により開催し、運営のあり方や各部屋の使い方イメージなどを検討しています。また、平成19年3月までの進捗状況を区民に広く周知するため、これまでの経緯や実施設計のあらましなどを掲載したニュースレターを発行し、区内に全戸配布します。
 今後は、平成18年度に引き続き、地区センター運営に寄せる区民ニーズを可能な限り反映できるよう「運営を考える会」における検討を行い、平成20年4月開設に向けた準備を行います。

◆ 警察署・交番の設置に向けた取り組みの支援
 平成13年4月に、「清田警察署設置促進期成会」が設立され、毎年関係機関に警察署・交番の設置に向けて要望を行っています。こうしたなか、区内4番目となる「美しが丘交番」が平成18年12月に設置されました。平成19年度も引き続き、「清田警察署設置促進期成会」による警察署および交番の設置促進の取り組みを支援します。

◆ バス停周辺環境づくり
 平成17年10月に整備した美里団地バス停、平成18年に整備した日の丸団地バス停に引き続き、本年度は桂台団地バス停の整備と周辺の環境づくりを地域住民や企業と連携して進めます。

◆ 環境まちづくり【写真】白旗山の魅力を考える会
● 町内会、小中学校、幼稚園などに花苗を配布するほか、ホタルの放流や観賞会を行います。
● 子どもごみサミットを開催するほか、ごみ減量やリサイクルに関する啓発を行います。
● 白旗山から未来につなぐまちづくりとして「白旗山の魅力を考える会」などを開催し、白旗山に関するPRのほか、活動についての意見交換や情報共有を行い、各関係団体間の連携を促し、白旗山を拠点としたまちづくりの輪を広げていきます。また、これまでの成果をとりまとめ、分かりやすく区民に公表します。

◆ 健康づくり推進
● 地域での健康づくりの活動の担い手として、健康づくりリーダーおよび食生活改善推進員を養成します。
● 健康づくりリーダーとともに年4回の清田区歩こう会を始めとする健康づくり事業を実施し、さらに健康づくりリーダーが各地区で行う地区ウオーキング推進の活動を支援します。
● 地区ウオーキングについて、町内会と連携し、PRの強化に努めます。
● 食生活改善推進員と協働で健康食生活普及のための料理教室を開催し、さらに食生活改善推進員が各地で行う普及、啓発活動を支援します。

◆ 子育て環境づくり【写真】わくわく子育てセミナー
● 子育てしやすい環境づくりを進めるため、子育て家庭、地域支援者の参画型となるよう事業を見直し、「わくわく子育てセミナー」、「世代間交流サロン」、「きよたふれあいフェスタ」などを開催します。
● 親子が集いやすく、地域でもとめている場所での子育てサロンが立ち上がるよう、地域の方々と検証し、支援、連携を図ります。
● 子育て中の母親の健康づくりの動機づけとなるよう、また、子育ての制約感からの解放を図り新たな気持ちで子どもと向かい合うことができるよう、運動を中心とした「母子の健康づくり推進事業」を実施します。

◆ 安全安心まちづくり
● 「清田区地域防犯ネットワーク会議」を通して、昨年に引き続き子どもの安全確保を重点課題として安全安心なまちづくりを進めていくほか、各地域、各団体の防犯活動の把握、情報の共有と区民の防犯意識の高揚を図ります。このため、講演会、研修会を実施するとともに、清田区ホームページを活用して情報を積極的に発信していきます。
● 子どもたちの安全を守るため、道路パトロールの実施に併せて、学校周辺の防犯パトロールを実施します。
● 町内会や関係部局との連携を強化して、除雪連絡協議会および冬季通学路安全推進連絡協議会を開催し、冬期間の市民の安全を守る環境づくりを目指します。
● 区民の地域防災意識の醸成を図るため、町内会、清田消防署、豊平警察署、清田区災害防止協力会などとの協働で清田区防災訓練を実施するほか、町内会などが実施する自主防災訓練の際にも、地域関係団体などと連携してサポートします。

◆ 生涯学習にかかわる環境整備【写真】清田区民寺子屋ボランティア
 清田区では、高齢者の地域活動(まちづくり)への参加を支援するため、引き続き高齢者の生涯学習環境の整備に努めるとともに、地域と学校との連携や地域の人材を活用する新たな仕組みづくりを進めます。
● 高齢者教室「ふれあい学園」・・・65歳以上の区民を対象とした陶芸、園芸、絵手紙、社交ダンス、料理実習、川柳などの生涯学習教育講座を実施します。
● 清田区民シニアスクール・・・昨年度に引き続き、高齢者と小学校児童との積極的な世代間交流を図るため、60歳以上の方を対象として、国語、社会、理科、音楽美術、保健体育、技術家庭などを学習するシニアスクールを開講します。
● 寺子屋ボランティア事業・・・区民で構成される英会話、パソコンなどのボランティア講師を、ふれあい学園、清田区民シニアスクールなどに派遣して、地域の人材を活用するとともに、区民の学習意欲にこたえる「寺子屋ボランティア事業」を実施します。

◆ 清田区誕生10周年記念事業
● 平成19年11月に清田区誕生10周年を迎えるに当たり、地域関係団体と区で構成する10周年事業実行委員会を立ち上げ、地域の意見を取り入れながら、 10周年を記念する行事やイベントなどについての企画や実施の検討を行い、区民と区役所が協働して10周年事業に取り組んでいきます。
● 清田区誕生10周年を契機として、区民フォーラムの開催など、清田区のまちづくりについて区民とともに考えます。
● 10周年記念行事やまちづくりの取り組みに関する情報を区民に発信することにより、より多くの区民が、これに関心を持ち、参加できるようにします。

◆ 介護予防でまちづくり【写真】介護予防フェア
 高齢の方がいつまでも元気で生き生きと、あるいは介護を必要とするようになっても、自分の住み慣れた地域で生きがいを持って生活できることがみんなに優しいまちづくりです。これからの超高齢化社会に向けて、介護予防に対する意識を高め、自分自身のこととして受け止め、実践できるように、地域包括支援センターや介護予防センターと協力しながら介護予防フェアや介護予防教室などを実施して普及啓発に努めます。

2)区民との情報共有を推進し、区民の皆さんと積極的な対話を進める取り組み
 地方分権が進められている今、区役所は、区民の皆さんと情報を共有し、対話を通じて皆さんが積極的に市政に参加する「市民自治実践の場」となるように努めます。

◆ 情報共有化推進事業
● 清田区公式ホームページにより、清田区の魅力を発信するとともに、区からのお知らせなど、誰もが分かりやすく使いやすい最新の情報提供を行います。
● 広報さっぽろ清田区版では、清田区誕生10周年を機に明日の清田をつくるまちづくりをテーマとした特集を取り上げるとともに、清田区の魅力を紹介する写真の募集などを行い、区民参加による紙面づくりを進めます。
● 土木センターの仕事についてタイムリーで分かりやすく市民に情報を提供するため、「土木センター便り」を発行し、各町内会やまちづくりセンターに配布するとともに、清田区公式ホームページにも掲載します。
● 区民の関心が高い除雪について、「知っていますか?除雪のしくみ」をテーマに、町内会女性部、老人クラブなどで出前講座を行うとともに市民の声を積極的に聞くように努めます。
● 清田区公式ホームページやe-ビジョンを活用して、家庭における食中毒予防、食中毒警報の発令、ノロウイルスや新型インフルエンザウイルスなどの予防に係る情報を発信します。また、近年、ダイエットや健康食品に対する市民の関心が高いことから、健康食品などの安全、安心情報の発信を積極的に推進します。
● 今後、段階的に実施されていく医療制度改革や税制改革について、広報および相談窓口を充実させて市民への十分な情報提供を行います。

◆ 協働推進事業
● 地域住民が主体となった魅力あるまちづくりや、まちづくりセンターを拠点とした地域の取り組みを支援するため、区のサポート体制を引き続き充実させます。
● 区の重要課題である「安全・安心」や「白旗山」などをテーマとした各種懇談会や会議を引き続き開催し、これらの課題に区民とともに取り組みます。
● 除雪の実態をお知らせし、市民との協働でよりよい地域づくりを目指すための意見交換の場として、「地域と創る冬みち事業」の懇談会を各地区で開催します。
● 清田区民ふれあいまつり、出前講座、食中毒予防パネル展などの事業を通じて、食の安全と安心に係る区民と食品関係者とのコミュニケーションを図るよう努めます。
● 健康づくりに関する自主活動グループが区の事業に積極的に参加できるよう、グループ相互のコミュニケーションを図ることを目的として、清田区健康づくり交流会を実施します。

◆ 区ビジョン推進事業【写真】清田区子どもごみサミット
● 清田区子どもごみサミットの開催、子ども版清田区まちづくりビジョン2020の発行を継続し、子どもの視点によるまちづくりを進めます。また、子ども版清田区まちづくりビジョン2020のホームページについては、小学生を含めより多くの方々に利用、活用されるように、さらに使いやすく改善していきます。
● 清田区誕生10周年を契機として、関係団体との連携や市民参加の下、清田区のまちづくりについて協議し、「清田区まちづくりビジョン2020」に基づくこれまでの10年のまちづくりを検証しながら、これからのまちづくりを区民とともに考えます。

3)各地区のまちづくりセンターを拠点とした地域の活動を支援する取り組み
 区民の皆さんの身近な活動の場である「まちづくりセンター」を支援する体制の充実を図るとともに、市内部や関係行政機関との連携により、地域のまちづくりに関するさまざまな活動を支えていきます。

◆ まちづくりセンターを拠点とした取り組み
 地域住民が主体となった魅力あるまちづくりを進めるため、各地区のまちづくりセンターを拠点として、地域課題の解決、魅力向上、情報交流などの事業を支援します。
【北野まちづくりセンター】【写真】子ども110番の家スタンプラリー

 地域ぐるみで「いざという時に備える」機運を醸成するため、まちづくりセンターと地域内の関係団体とが連携し、防災マップを作成したり、避難場所での避難生活を想定した訓練などに取り組みます。

 児童会館は、子どもたちの遊び場であるばかりでなく、子どもたちを地域で育てる場でもあります。そこで、まちづくりセンターと地域内の各団体とが連携し、子どもたちの地域への愛着や地域づくりに関する関心をはぐくむため、児童会館の事業をさまざまな形で支援するサポーターのネットワークづくりに取り組みます。

 子どもたちの登下校時を中心に取り組んでいる子どもの安全を見守るため、平成19年度も引き続き、町内会や学校、PTA、スクールガード、警察など関係団体との情報の共有化や相互の連携をより一層深めていきます。

【清田中央まちづくりセンター】

 安全安心のまちづくりのため、清田中央地区児童・生徒事故防止合同対策協議会などの協力を得ながら、防犯パトロール隊を組織し、パトロールの強化に取り組みます。特に小学校の登下校時に合わせて、朝8時頃と午後3時頃に集中的に見守る8・3運動の推進を支援します。

 清田中央地区の各種団体の子どもたちの安全を見守る活動を支援します。本年度はさらに町内会や学校、PTAとの連携を推し進め、警察、スクールガード、交通安全指導員などとの情報の共有化を図り、地域情報交換会などを活用しながら、相互理解を深めていきます。

【平岡まちづくりセンター】

 まちづくりを地域が考え、決定する市民自治を進めていくため、地域住民を中心とした「(仮称)平岡まちづくり倶楽部」を立ち上げ、まちづくりセンターと連携しながら、行政や他地区の情報共有、まちづくりのさまざまなノウハウの学習などの事業を企画・実施し、それらを通して新しい活動の芽をはぐくんでいきます。

 ごみ減量化を推進し、将来も美しい地域として保持、発展させるため、フリーマーケットなど地域住民が気軽に参加できるイベント、講習会などを実施します。

 子どもの安全・安心を守るため、地域における横断的な組織である「平岡地区児童・生徒事故防止合同対策協議会」と連携の下、児童見守り活動、夏休みにおけるパトロール、こども110番の家などの事業を継続して実施します。

【清田まちづくりセンター】【写真】不法投棄物の撤去作業

 厚別川河川敷の草刈・清掃・植花および小学生を対象とした「あしりべつ川体験塾」を開催し、厚別川周辺の環境美化の推進と子どもたちへの環境教育の充実を図ります。

 清田地区から不法投棄をなくすことを目的に、地域住民と行政が連携をとって、不法投棄物の撤去作業を行います。

【里塚・美しが丘まちづくりセンター】

 里美ふれあいクラブによるまちづくり講座や地域交流など、地域ネットワークの主体的な活動を引き続き支援します。

 子どもを見守る地域ネットワークとして、子どもにかかわる団体が横断的なネットワークを組織し、連携を図ることにより、地域ぐるみで子どもの健やかな成長を見守り、はぐくんでいくまちづくりを進めます。

 平均年齢が39歳と若く、子育て中の世帯が多い当地区では、現在3カ所の子育てサロンを開設しておりますが、この3カ所のサロンを継続して実施するよう支援するほか、要望の多い里塚地区の開設を目指します。

◆ まちづくりセンターを支援する取り組み
● 地域住民が主体となった魅力あるまちづくりや、まちづくりセンターを拠点とした地域の取り組みを支援するため、区役所内部のサポート体制を引き続き充実させます。
● 地域の福祉・保健・健康づくり・子育て支援などに関する課題に取り組むため、区役所内部の体制を整え、連携を深めます。

4)より親しまれ、ふれあいあふれる清田区役所を目指す取り組み
 「清田区さわやかサービス推進委員会」や、平成16年4月から全市的に取り組みが進められてきた「サービスアップ行動計画」の取り組みをさらに発展させ、区民の皆さんに、「笑顔の温かい、快い対応」を実感していただけるよう、努めます。
 また、「共に考え、共に悩み、共に行動する」区役所になるため、職員に必要な「聞く力」「伝える力」などのコミュニケーション能力の向上を図ります。

◆ あたりまえの徹底
 やまびこ(あいさつ、声掛け)運動ときよっちプレート(名札)の着用を継続し、「笑顔の温かい、快い対応」を心掛け、区民に好感を持たれるよう努めます。また、10周年を記念したきよっちプレートを着用し、清田区誕生10周年を来庁者にPRします。
 やまびこ運動については、新規の取り組みとして「やまびこ運動カード」を作成し、職員全員に配布することにより、さらなる定着を図ります。

◆ 接遇向上
● 各部各課でそれぞれの接遇目標を設定するなど、工夫しながら継続実施します。
● きよたマナーガイドブック「かえるブック」については、全職員への配布を継続し、転入職員に対して「かえるブック」を活用した研修を実施します。
● 接遇対応のレベルアップを目指して、「市民サービス向上研修」を引き続き実施します。

◆ 声を聞く仕組みの充実
● 来所、電話のほか、清田区公式ホームページおよび区長目安箱により、区民の意見を取り入れる仕組みの充実を図ります。
● 懇談会、説明会などの意見交換の場を積極的に設け、多様な意見を広く把握することができるよう努めます。
● 来庁者アンケートを継続して実施し、区民の皆さんの意見を把握するよう努めます。

◆ コミュニケーションの改革
● 各部各課の朝礼、ミーティングの実施を継続します。
● 区の横断的組織「さわやかサービス推進委員会」活動を継続し、組織内コミュニケーションの活性化を図ります。
● きよ単(清田おしごと単語帳)を充実させ、各部各課の連携を図ります。
● 職員向けイントラネットホームページの内容の充実を図り、区役所内の情報共有を進めます。
● 職員相互の情報交換の場である「きよっちゼミ」を継続実施し、職員の自発的な取り組みを活性化させます。

◆ 区役所の利便性向上【写真】きよっち文庫とキッズコーナー
● きよ単などを活用して、来庁された区民に的確なサービスや総合的な庁舎案内を提供できるように取り組みます。
● 年度替りや各種納付書の発送時期など、窓口が混雑する繁忙期を中心に窓口の時間延長や総合案内を実施します。
● 各種届出等で来庁された方のための「きよっち文庫」(雑誌コーナー)とお子さん向け「キッズコーナー」を継続します。
● 総合庁舎としての機能を生かして、引き続き図書館などの時間延長に対応し、総合庁舎出入口の時間延長を行い、区民の利便性を向上させます。

◆ 組織の改革
● 地域の福祉・保健・健康づくり・子育て支援などに関する課題に取り組むため、区役所内部の体制を整え、連携を進めます。
● 地域住民が主体となった魅力あるまちづくりや、まちづくりセンターを拠点とした地域の取り組みを支援するため、区のサポート体制を引き続き充実させます。
● 「さわやかサービス推進委員会」の活動などにより、各部各課の連携を図り、組織の活性化、改革を推進します。

◆ 経営資源の改革
● 市税収入率の向上のため、口座振替の推進や納税相談体制を充実させることにより、「納めやすい環境づくり」に努めます。
● 国民健康保険料収納率向上のため、口座振替の推進、夜間・休日の納付相談などを引き続き実施するとともに、給付制限による公平性の確保や庁内連携による滞納処分の強化に努めます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市清田区市民部総務企画課

〒004-8613 札幌市清田区平岡1条1丁目2-1

電話番号:011-889-2018

ファクス番号:011-889-2701