• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > これまでの主要事業(ふれあいプラン) > 平成19年度・清田区の運営にあたって

ここから本文です。

更新日:2011年1月18日

平成19年度・清田区の運営にあたって

【タイトル】平成19年度清田区ふれあいプラン

 1 取組姿勢

【写真】清田区長 中野淑文

清田区長
中野 淑文(なかの よしふみ)

 清田区では、平成16年度から「清田区ふれあいプラン」を策定し、「より親しまれ、ふれあいあふれる区役所」を目指しながら、清田区の特性や区民のニーズに基づき、「清田区まちづくりビジョン2020」の「緑、ふれあい、安らぎ」を基本とした「地域のまちづくり」を区民とともに進めてきました。
 平成18年度では、地区センターの開設に向けた取り組みを行ったほか、区民とともに関係機関に要請を続けた結果、区内で4番目となる交番が設置されました。また、清田区地域防犯ネットワーク会議を通した活動により、安全安心についての取り組みが広がり、さらに、白旗山をはじめとした自然環境を生かした取り組みや、世代間交流を図るためのシニアスクールモデル事業の実施など、区の特性や区民のニーズに基づくまちづくりを進めることができました。特にノルディックスキー世界選手権札幌大会において、区一丸となった活動を行ったことで、白旗山に対する区民はもとより市民の関心が高まったと考えております。
 また、区職員による「さわやかサービス推進委員会」でのやまびこ(声掛け)運動、きよっちプレート(名札)着用、マナーガイド「かえるブック」や「きよ単」(清田おしごと単語帳)の活用の継続に加え、職員相互の情報交換の場である「きよっちゼミ」を開催し、内部の連携を深め、「より親しまれ、ふれあいあふれる清田区役所」を目指して職員の意識改革を図り、多くの成果を得ることができました。
 平成19年度においては、これまでの取り組みを踏まえつつ、地域との連携を深めながらさまざまな施策を推進するために、さらにレベルアップさせた「清田区ふれあいプラン」を策定しました。
 特に本年度は、清田区誕生10周年という節目の年を迎えることから、これを契機とした新しいまちづくりを区民の皆さんと一緒に進めるために、情報共有を図り、多くの区民に参加を呼びかけていきます。
 さらに、清田区の使命である「区民が主役のまちづくり」を推し進めるに当たっては、区からの情報を、より多くの媒体を通じて、分かりやすく提供するとともに、区民の皆さんの声を、あらゆる機会を利用してお聞きし、さらに一層区民の皆さんと一緒に知恵を出し合い、議論を重ねながら、さまざまな取り組みを実施します。
 清田区は、札幌市で最も新しい区であり、他の区よりも社会資本整備に課題があることから、住んで幸せと感じる「緑豊かでふれあいと安らぎのある清田区のまちづくり」に向けては、清田区民とともに継続的に取り組みを続けていかなければなりません。
 私は、区役所が真に区民にとってまちづくりの良きパートナーとして信頼を得るために、区民、区役所内部、本庁部局や他の行政機関と連携しながら、個性を生かしたまちづくりの推進、区民ニーズが高い事業の実現に優先的に取り組み、平成19年度「清田区ふれあいプラン」を進めていきます。 

2 最重点取組項目

 私は、平成19年度「清田区ふれあいプラン」の重点取組項目のうち、以下の点について重点的に取り組みます。

(1) 区の特性や区民のニーズに基づくまちづくりを進める取り組み

●清田区誕生10周年を契機としたまちづくり
 清田区は、平成19年11月に誕生10周年を迎えることから、これを契機として、「清田区まちづくりビジョン 2020」に基づくこれまでの10年のまちづくりを検証し、区民フォーラムの開催などにより、区民との情報共有を図りながら、これからのまちづくりを区民とともに考えます。

●住民ニーズが高い施設の整備
 清田区は、札幌市で最も新しい区で、他の区よりも社会資本整備に関する区民のニーズが高いことから、平成20年4月開設予定の(仮称)清田区地区センターについて、その設計に当たり、多くの区民の皆さんの声の反映に努めてきましたが、運営についても区民のニーズが反映されるよう検討を行い、引き続き「区民とつくる地区センター」となるよう取り組みます。
 また、本年度も交番・警察署の設置に向け、区民と一緒に誘致活動に取り組むとともに、安全で安心なまちづくりを進めます。

●自然環境を生かした取り組み
 清田区は、自然環境に恵まれた区であることから、白旗山をはじめとした環境を資源として生かした取り組みを進めます。また、環境美化推進、自然環境活用、環境保全活動などさまざまな分野からなる環境に関する取り組みが、調和して一体となるような施策を進めます。

(2) 区民との情報共有や積極的な対話を進める取り組み

 平成18年度は、区民との対話を積極的に進めるために、清田区地域防犯ネットワーク会議や白旗山の魅力を考える会、地域と創る冬みち事業の懇談会などを開催し、区民の関心が高い安全安心まちづくりや白旗山、除雪などについて区民と一緒に考えました。
 本年度は、このような取り組みをさらに充実させるとともに、より多くの区民の声に積極的に耳を傾け、「清田区まちづくりビジョン2020」を基に、これからの清田区のまちづくりについて区民とともに取り組みます。

(3) より親しまれ、ふれあいあふれる区役所を目指す取り組み

 清田区の今までの大きな財産でもある「やまびこ運動」、「かえるブック」、「きよ単」(清田おしごと単語帳)などの取り組みに加え、平成18年度は、職員相互の情報交換の場である「きよっちゼミ」の開催などを通じて、組織内コミュニケーションの活性化を図ったことにより、清田区職員が一体となって実行し、成果をあげることができました。
 今年度もこれらの取り組みを継続するとともに、「さわやかサービス推進委員会」による組織横断的な連携、職員向けイントラネットホームページの活用などを通じて、職員の意識改革を進めます。

このページについてのお問い合わせ

札幌市清田区市民部総務企画課

〒004-8613 札幌市清田区平岡1条1丁目2-1

電話番号:011-889-2018

ファクス番号:011-889-2701