• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度下半期 > 平成31年3月13日平成30年度「清田区地域防犯ネットワーク会議」全体会議・青パト隊一斉発動式

ここから本文です。

更新日:2019年3月15日

平成31年3月13日平成30年度「清田区地域防犯ネットワーク会議」全体会議・青パト隊一斉発動式

3月13日(水曜日)10時30分から、区役所で「清田区地域防犯ネットワーク会議」の全体会議が開かれ、今年度の活動報告と来年度の取り組みについて協議が行われました。

この会議は、「誰もが安全で安心して暮らせる犯罪のないまちづくりの実現」のため平成18年3月に設立され、現在は、区、警察署、町内会、学校、地元企業など43団体で構成され、相互に連携・協力しながら、地域の防犯活動に取り組んでいます。

全体会議では、小角(こすみ)清田区長から「私たちは犯罪を取り締まることはできませんが、大切なのは、日頃からの予防・防犯活動であり、そのためには、警察・行政・地域の皆様がそれぞれの活動だけではなくこの3者が連携して取り組んで行くことが何よりも大切であります」とのあいさつがあり、また、豊平警察署の土谷(つちや)生活安全課長から「できるだけ広く犯罪の実態や情報をお話することが犯罪防止に有効であると考えております。地域の会合等がありましたら、よろこんでうかがいますので、警察署の生活安全課までお気軽にご連絡ください」とのあいさつがありました。

続いて、事務局から30年度の事業報告、31年度の運営方針と重点課題が説明された後に、意見交換を行いました。

意見交換の中では、中学生のスマホ利用に関する課題や、スクールガードの取り組み、不審者情報の共有方法など、非常に活発な発言が見られ、防犯に関する関心の高さが伺えました。

会議終了後には、「清田区青色回転灯装備車両(青パト)一斉防犯パトロール発動式」が行われ、青パト隊を代表して、清田防犯パトロール隊の牧野晃(まきの・あきら)隊長から小角区長、土谷課長に対し、「弱い立場の方が犯罪被害に遭うことのないよう見守り巡回活動を継続し、他の模範となるよう行動に気を配り、清田が安心して暮らせるまちとなるよう日々努力する」と活動宣言がされました。

発動式後、区役所駐車場から、各地区の青パト隊車両19台が青色回転灯を光らせながら次々とパトロールに出発。地域の安全を守るため気を引き締めた表情で巡回地区へと向かいました。

清田区役所大会議室で開催

小角区長のあいさつ

清田区役所大会議室で開催

小角区長のあいさつ

土谷課長のあいさつ

活発な意見交換

土谷課長のあいさつ

活発な意見交換

巧みな司会進行の林(はやし)さん

各地区青パト隊の皆さん

巧みな司会進行の林(はやし)さん

各地区青パト隊の皆さん

牧野隊長の宣言

集合していた青パト車両

牧野隊長の宣言

集合していた青パト車両

一斉出動

●台を見送りました

一斉出動

19台を見送りました