• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度下半期 > 平成31年3月9日 平成30年度清田区少年消防クラブ協議会 合同修了式

ここから本文です。

更新日:2019年3月15日

平成31年3月9日 平成30年度清田区少年消防クラブ協議会 合同修了式

 修了式 修了式 修了式
修了式 修了式 修了式

 

 3月9日(土曜日)10時30分から、清田区役所3階大会議室で「平成30年度清田区少年消防クラブ協議会合同修了式」が行われ、クラブ員の小学生15人と、リーダークラブ員の中学生12人がクラブを巣立ちました。
 少年消防クラブは、活動を通じて、子どもたちに正しい防火・防災の知識、規律や礼儀を身に付けてもらうことを目的に活動しており、清田区には北野・平岡・里美・清田中央・清田の5つのクラブがあります。この式は、清田区少年消防クラブ協議会の主催により、5クラブ合同で行われました。
 式では、札幌清田区少年消防クラブ協議会の長屋俊一(ながや・としかず)会長から「消防体験や避難所体験、視察研修会など、クラブの活動を通じてさまざまなことを経験したと思います。もし身近なところで災害が起きてしまった場合、その際には、クラブでの経験を生かし行動してください」とあいさつがあり、また、同クラブの相談役である札幌市清田消防団の山﨑保(やまざき・たもつ)団長からもお祝いの言葉が続きました。
 その後、在クラブ員代表から卒クラブ員へ送る言葉があり、これを受け、卒クラブ員代表の北野少年消防クラブの谷口侑聖(たにぐち・ゆうせい)さんがあいさつ。「クラブでの訓練活動を通じて多くのことを学びました。クラブで学んだことは忘れません」と言葉がありました。
 最後に、これまでの活動を振り返るスライドが上映され、スクリーンに映し出された日々を懐かしみながら、卒クラブ員たちは晴れやかな表情でクラブを巣立っていきました。