• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度下半期 > 平成31年3月5日 北野地区 防災研修会

ここから本文です。

更新日:2019年3月7日

平成31年3月5日 北野地区 防災研修会

 防災研修会 防災研修会
防災研修会 防災研修会

 
 3月5日(火曜日)14時から、北野連合会館で北野地区防災研修が開催され、地域住民ら約80人が参加しました。この研修は、同地区住民の安心・安全のために地域防災力のさらなる向上を目指そうと、北野地区町内会連合会が主催したものです。
 この日の研修会では、初めに、同地区で平成28年度に行った防災意識アンケートの集計結果について発表があり、地域の防災意識について確認を行いました。
 次に、地震災害をテーマとして、札幌管区気象台地震火山課主任技術専門官 千田信篤(ちだ・のぶあつ)氏を講師に招き、地震発生のしくみ、昨年9月に起きた「平成30年北海道胆振東部地震」の概要と特徴などの説明を受け、余震に対する心構えや冬の災害の備えについて確認を行いました。
 また、厳冬期の避難所運営について、日本気象予報士会 北海道支部副支部長 志田昌之(しだ・まさゆき)氏から、積雪時期に地震が発生した場合、想定される被害拡大の考慮、人的被害の拡大について説明を受けました。さらに、厳冬期の避難所での暖の取り方として、ポリ袋の中に丸めた新聞紙を入れて足を温める方法が紹介され、実践し温かさを確認する場面も。
 最後に、同地区町内会連合会 伊藤昭夫(いとう・あきお)会長から、「この北野地区では、防災訓練や独自の防災マップ作成など積極的な防災活動が行われています。地域の高齢化という状況もあり、さらなる助け合いの体制強化していきたい」と話がありました。