• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度下半期 > 平成31年2月17日 雪と遊ぼう217

ここから本文です。

更新日:2019年2月18日

平成31年2月17日 雪と遊ぼう217

雪と遊ぼう217

 2月17日(日曜日)10時から、吉田川公園(豊平区月寒東3条19丁目)で「雪と遊ぼう217」が開催され、北野地区の児童ら約50人がチューブ滑り競争を楽しみました。
  この行事は、子どもたちに冬と雪に親しんでもらおうと、同地区町内会連合会が主催し、同地区青少年育成委員会が中心となって平成23年から毎年行っているものです。
  チューブ滑り競争は同公園の斜面を50メートルほど利用して行ったもの。参加した子どもたちを未就学の部、低学年の部、高学年の部の3つに分け、どちらが早く滑り下りれるかを一対一で競い合いました。
  「スタートが勝負!」と勢いよくチューブに飛び乗るつもりがチューブだけ滑り降りてしまった子やコースの途中でくるりと回転してしまう子、手で雪面をかきスピードを加速させる子など、ハプニングや必死な様子に会場は大きな歓声や笑い声に包まれました。
  競技を終えた児童から順に雪中宝探しが行われ、子どもたちは雪の中に隠されたお気に入りのお宝を探し、思う存分雪遊びを楽しみました。
  その後は、朝日ヶ丘町内会館へ移動して表彰式と、あたたかいうどんによる昼食タイム。表彰された子どもたちはうれしそうに賞品を受け取り、高学年の部で優勝した北野小学校5年生の男児は、「すっごく楽しかった。これで2連覇、来年は3連覇して誰にも破られない記録を作るぞ」と来年の抱負を笑顔で語ってくれました。寒さを忘れ思いっきり雪遊びを楽しんだ子どもたち、お腹も満たされ大満足の一日となりました。

雪と遊ぼう217 雪と遊ぼう217 雪と遊ぼう217
雪と遊ぼう217 雪と遊ぼう217 雪と遊ぼう217