• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度下半期 > 平成31年2月3日 清田中央地区 ミニパークゴルフ大会

ここから本文です。

更新日:2019年2月18日

平成31年2月3日 清田中央地区 ミニパークゴルフ大会

ミニパークゴルフ

 
 2月3日(日曜日)9時から、清田南小学校体育館(清田区清田5条2丁目)で「第5回ミニパークゴルフ大会」が開催され、清田中央地区の子どもやその保護者、地域住民らがミニパークゴルフを楽しみました。
 このイベントは、同地区町内会連合会が、運動不足になりがちな冬にパークゴルフを通して子どもから高齢者まで元気に体を動かしてもらおうと毎年開催しているもの。今年で5回目の開催となり、今回は小学3年生から6年生の児童とその保護者、また地域住民ら合わせて130人が参加しました。
 開会式では同地区町内会連合会の鈴木亨(すずき とおる)会長が「寒い日が続いていますが、今日はミニパークゴルフを楽しんで、運動不足を解消してください。チーム戦なので、協力しながら優勝目指してがんばってください」とあいさつがあり、その後、試合開始となりました。
 ルールは、通常使用されるパークゴルフ用のボールをテニスボールに替え、出場する区分ごとに6から8メートル離れたカップに向けてボールを打ち、入った場所の得点の合計点を競うもの。1チーム5人から成るチーム戦で、大会はトーナメント方式で行われました。
 試合は3カ所に分かれて行われましたが、どこからもチームを応援する大歓声が起こり、体育館内は熱気に包まれました。子どもたちの中には、パークゴルフ初体験の子もおり、クラブを上手く振れずに悪戦苦闘する姿が見られ、また、保護者の中には、ゴルフのパターを意識し、イメージ通りにできてガッツポーズをとる姿が見られ、大会はたいへんな盛り上がりをみせました。
 昨年に続き参加したという小学5年生の男児は「1年前は上手にできなかったけど、昨晩イメージトレーニングして、今年はその成果が出せました。今回のほうが良い点数が出せました!」と満足気に話していました。
    

ミニパークゴルフ ミニパークゴルフ
ミニパークゴルフ ミニパークゴルフ
ミニパークゴルフ ミニパークゴルフ