• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度下半期 > 平成31年1月19日 北野地区新春子どもかるた大会

ここから本文です。

更新日:2019年2月18日

平成31年1月19日 北野地区新春子どもかるた大会

 1月19日(土曜日)9時30分から、北野連合会館で「新春子どもかるた大会」が開催され、同地区の子どもたちがかるたの腕を競いました。
 この行事は、北海道で親しまれている百人一首「下の句かるた」を子どもたちに伝え、楽しんでもらおうと同地区町内会連合会が毎年開催しているものです。
 この日の大会は、北野児童会館、北野台児童会館、北野平小ミニ児童会館から17チームが参加。それぞれ低学年の部・中学年の部・高学年の部に分かれ、トーナメント制で試合が実施されました。
 攻め中心の「突手(つき)」、守り中心の「守備(まもり)」、攻めと守りをバランスよく行う「中堅」に分かれ、持ち札を並べると、「よろしくお願いします!」といざ対戦開始。読み手の声に集中しながら、真剣な表情で木札を取り合いました。順位を決する上位の試合では、最後まで勝敗の行方がわからない熱い展開に。負けたチームの中には、悔しさのあまり、涙を流す子どもも見られました。
 また高学年チームの一つは、大人チームとの試合も開催。大人チームはなかなか札をとることができず、高学年チームに完敗していました。
 全試合終了後は、地域住民が用意した熱々のうどんでお昼ごはん。子どもたちからは笑顔がこぼれ、おいしそうにうどんを食べていました。
 

新春子どもかるた 新春子どもかるた
新春子どもかるた 新春子どもかるた
新春子どもかるた 新春子どもかるた