• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度下半期 > 平成30年12月6日 平岡小で「せんきょ体験授業」

ここから本文です。

更新日:2018年12月7日

平成30年12月6日 平岡小で「せんきょ体験授業」

12月6日(木曜日)10時45分から平岡小学校で、同校の6年生児童62人を対象に「せんきょ体験授業」が行われました。

これは、将来の有権者となる児童に、社会の仕組みに興味を持ち、政治参加の大切な手段となる選挙について考えてもらおうと、清田区明るい選挙推進協会と清田区選挙管理委員会が共同で実施したものです。

この日は、同校の3、4時限目に開催。まず3時限目では、同委員会事務局の山野職員が講師となり、選挙の仕組みや国会の働きを講義。また、実際の投開票に用いる用具を示しながら、投票用紙はプラスチックでできた特別な紙を利用しており折っても広がるようになることなど、その役割や特徴を解説。3時限目の最後には、選挙クイズも実施され、「平成29年の衆議院議員総選挙では、平岡小学校の投票区は全市平均よりも投票率が高かったか?」という問題で「高かった」という回答が発表されると拍手が起こる場面も。そして、休憩時間には、計数機を体験してみたり、投票箱・記載台を興味深く見るなど、興味津々な様子でした。

4時限目では、模擬投票を実施。「投票率を上げるためには」をテーマに、ゆっぽろ・ちっきゅん・おっほんが立候補するという設定で行いました。それぞれの役割を担った事務局職員の演説や、選挙公報を参考に、児童らは熱心に候補者を選び、投票に向かいます。

投票はがきや投票用紙、記載台、投票箱などは、実際の選挙で使われるものが用意されました。選挙事務を行う児童は、提示されたはがきを選挙人名簿と照らし合わせ、投票人であることを確認し、用紙交付の担当者が1人に1枚の投票用紙を交付します。記載台で候補者の名前を書いた後は、投票用紙を折ってみたりしながら、投票箱に投函しました。投票を体験した児童は、「投票用紙は字が書きやすかった」、「投票箱に入れる前に折ってみたら、本当に広がったので驚いた」などの感想を口にしていました。

また今回は、開票作業も児童が担当。全員の投票終了後に、投票箱に鍵を掛け、開票場所に運びます。開票場所では、投票箱の鍵を開け、投票用紙をすべて取り出すと、候補者別に分類。ここでも、実際の開票作業同様、いちごパックを用いました。投票の分類中、「ちっきゅんさん」と書かれた投票用紙が2枚あることが判明し、これらを疑問票に分類。分類作業が終わると、混在票が無いかを再度確認し、その後、計数機を利用して、2回の計数を行いました。

疑問票に分類された「ちっきゅんさん」は、事務局職員が「ちっきゅんの有効票と認める」と宣言し、それぞれの票数を確定。結果、ちっきゅんが有権者62人中、53票という圧倒的な票数を獲得し当選。なお、投票率は、100%でした。

開票作業を担当した児童は感想として、「記載内容の確認など責任感が必要で大変そう」と発表していました。

模擬投票終了後の質問コーナーでは、「北海道内に投票所はいくつあるの?」「立候補は何歳までできるの?」「選挙管理委員会の職員も選挙に参加できるの?」と、鋭い質問が出され、事務局職員が回答に窮する場面も。

最後に、若い世代の投票率が低いといった選挙をめぐる事情などが紹介。児童の一人が、「授業を受ける前は行かなくても良いかなと思っていたけど、そうじゃないことがよく分かりました」と感想を述べたように、将来の有権者としての意識を大いに高められる結果でした。

なお、この日のようすは、12月22日土曜日11:54~11:59に、STV「札幌ふるさと再発見」で放送されます。ぜひ、ご覧ください。

 

選挙に行ったことがある人、手を上げて!

児童たち

投票所に行ったことがある人、手を上げて!

真剣な表情の児童たち

選挙管理委員会事務局の山野職員

児童1

講師を務める選挙管理委員会事務局の山野職員

投票はがきを確認する児童

投票箱の解説

児童2

投票箱の解説

模擬投票の選挙公報を読む児童

選挙クイズを行う選挙管理委員会事務局の田村職員

計数機を体験する児童たち

選挙クイズを行う選挙管理委員会事務局の田村職員

計数機を体験する児童たち

投票箱を調べる児童たち

記載台を確認する児童

投票箱の機能を確認する児童たち

記載台を確認する児童たち

児童3

模擬投票の選挙公報

模擬投票を前に考える児童

模擬投票の選挙公報

名簿対照

用紙交付

名前を確認しながら名簿対照

1人1枚ずつ用紙交付

票を記載する児童

投函する児童

票を記載する児童

票を投函する児童

票を折ってみる児童

投票箱に鍵を掛ける児童

折った票が元に戻るところを確認する児童たち

投票が終了し、箱に鍵を掛ける児童

投票箱を運ぶ児童

投票箱の鍵を開ける児童

投票箱を開票所に運ぶ児童

開票所で鍵を開ける児童

開票作業開始

票の分類作業

開票作業開始

票の分類作業

票の計数作業

疑問票を確認する選挙管理委員会職員

計数機を用いて票の計数作業

疑問票を確認する選挙管理委員会事務局の田上職員

開票結果の発表

質問する児童

開票結果の発表

事務局職員に質問する児童

テレビの収録

カメラにも興味津々

テレビ番組の収録も行われました

カメラマン体験