• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度下半期 > 平成30年12月2日 楽しく体験! おしごとごっこフェス

ここから本文です。

更新日:2018年12月11日

平成30年12月2日 楽しく体験! おしごとごっこフェス

 
この動画をYouTubeで公開しています

12月2日(日曜日)10時から、清田区役所(平岡1条1丁目)で「楽しく体験! おしごとごっこフェス」が開催され、300人以上の親子が、さまざまなおしごと体験で、楽しい休日を過ごしました。

これは、コープさっぽろと清田区役所が主催し、きよたでお菓子を食べよう!キャンペーン委員会が協力したイベントで、子どもたちがシェフやカメラマンを体験しながら、将来の職業感を育む目的で開催されたもの。受付開始の午前9時30分前には100名近い行列ができるなど、開始直後から大盛況。

もなかの餡つめや焼き菓子のラッピングを体験する「きよたスイーツ工場」、共同作業でお弁当つくりを体験できる配食クルリンを活用した「キッズベルコン」、スタジオで写真撮影を行うカメラマンを体験する「スマイルキャラバン」、自転車をこいで電気をつくる「発電こぎこぎ体験」、小さい子どもたちに読み聞かせを披露する「えほんわくわくキャラバン」、まちづくりをゲームを通じて学ぶ「こどもまちづくりセンター」や、子どもたちが4人1組のグループで料理を行い、レストランを運営する「こどもレストラン」のえらべるおしごとたいけんを、親子で楽しむ姿が見られました。

中でも、こどもレストランでは、「キーマカレー」と「ヨーグルトのクリスマスデザート」という本格的なメニューを、こどもレストラン支配人のエリック能戸(のと)さんの指導の下、こどもたちだけで作り上げたが、当初、2時間を予定していた調理時間が1時間30分で終了するなど、抜群のチームワークと手際の良さを見せ、これには能戸さんもびっくり。

そして、こどもシェフが元気よく、「いただきます」と宣言して開店。「隠し味は何を使ったの?」「マーマレードジャムを入れているんだよ」と会話を楽しみながら、楽しい食事の時間を過ごしました。

こどもレストランに参加した保護者は「こどもレストランは先着16名と聞いていたので、9時前から並んだかいがありました。また家でも作ってもらいたいですね」と、非常に満足した雰囲気で語りました。今回が初開催となったイベントは、大盛況のうちに終了しました。 

受付前の長蛇の列

各会場の行列

餡つめ体験

開場前から長蛇の列

各会場の行列

もなかの餡つめ体験

スイーツラッピング体験

ベルコン作業体験

スマイルキャラバン体験

焼菓子のラッピング体験

キッズベルコン体験

スマイルキャラバン体験

発電こぎこぎ体験

えほんわくわくキャラバン

こどもまちセン

発電こぎこぎ体験

えほんわくわくキャラバン

こどもまちづくりセンター

お楽しみ抽選会

こどもレストラン1

こどもレストラン2

お楽しみ抽選会

こどもレストラン 料理説明

こどもレストラン 調理体験1

こどもレストラン3

こどもレストラン4

こどもレストラン5

こどもレストラン 調理体験2

こどもレストラン 開店

こどもレストラン お片付け