• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度下半期 > 平成30年10月27日 ミニミニふれあい芸術祭

ここから本文です。

更新日:2018年11月8日

平成30年10月27日 ミニミニふれあい芸術祭

ミニミニふれあい芸術祭 ミニミニふれあい芸術祭 ミニミニふれあい芸術祭ミニミニふれあい芸術祭 ミニミニふれあい芸術祭 ミニミニふれあい芸術祭
ミニミニふれあい芸術祭 ミニミニふれあい芸術祭 ミニミニふれあい芸術祭

 10月27日(土曜日)10時から、里塚・美しが丘地区センターで「ミニミニふれあい芸術祭」が開催され、地域住民など約350人が手作り体験などを通して芸術に触れ、交流を深めました。
 この催しは、地域住民に芸術に親しんでもらうとともに、地域のつながりを深めてもらおうと同センターが企画したもので、今回で11回目の開催となます。
 この日はイベント開始から多くの来場者が訪れ、用意された19種類の体験メニューの中から、お目当てのブースへ次々と向かいました。各ブースでは、講師やボランティアが作り方の手順やコツを説明、来場者は完成のイメージを膨らませ、手作りのオリジナル作品づくりに熱中しました。時折、相談したり互いの作品を褒めたりしながら交流も深めました。
 毎年人気の自然素材を使ったリース作りでは、マツボックリやナナカマドの実などの材料を使って、クリスマス用のリースやお正月飾りを作成する人が多く見られました。また、透明な板にステンドグラスのようにカラフルに色を塗るディンプルアートのコーナーでは、「ここはオレンジにしようかな、ピンクの方がいいかな」などと配色に迷いながら作品作りに熱中している様子も。
 手作り体験コーナー以外にも、窓ガラスにマジックで絵を描く「ガラスペイント」やゲームコーナー、アニメ上映コーナーなどが設けられており、子どもたちは笑顔で会場を周っていました。
 友人と一緒に万華鏡作りを楽しんだ小学校1年生の女子児童は、「クルクル回すと模様が変わってとってもきれいなの、見てみて!」と笑顔で話していました。