• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度下半期 > 平成30年10月23日 区役所ロビーに清田区産「札幌大球(さっぽろたいきゅう)」が登場

ここから本文です。

更新日:2018年11月8日

平成30年10月23日 区役所ロビーに清田区産「札幌大球(さっぽろたいきゅう)」が登場

札幌大球 札幌大球 札幌大球
札幌大球 札幌大球 札幌大球

 10月23日(火曜日)、札幌伝統野菜として位置づけられている「札幌大球」キャベツが収穫され、区役所ロビーに飾られました。
 今年は、区内農家4戸が札幌大球を育て、作付は3,300株ほど。今日が初の収穫作業となり、1,488個の「札幌大球」を収穫しました。
 最大20kgにもなる「札幌大球」ですが、日照不足等もあり、例年よりも小ぶりで、マックス13kg台、ほとんどが8~10kg台となりました。

 収穫された「札幌大球」は、ホクレンショップの市内各店で販売されます。また、お好み焼・焼きそば風月では具材として提供され、北日本フードではニシン漬けに加工される予定です。
 さらに、センチュリーロイヤルホテルで(11月1日~9日)「札幌大球応援ランチ」が開催されるほか、本庁地下食堂(11月2日限定)でも「札幌大球」と「札幌黄」のコラボメニューが登場!市立札幌大通高校のメンバーが『高校生チャレンジグルメコンテスト』で準大賞を受賞したレシピです。 乞うご期待ください!

 「札幌大球」は、『札幌大球応援隊』でオーナー制度を実施しています。一口4,000円を申し込むと、ニシン漬け(200g×6パック)が送られるほか、お好み焼きイベントなどへの参加も企画されています。興味のある方はぜひ参加ください。

 なお、10月27日(土曜日)に開催する『きよたマルシェ&きよフェス』のチャリティー抽選会の景品の一つとして「札幌大球」が登場します。ぜひ清田区の秋の味覚をご堪能ください。

札幌大球