• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度上半期 > 平成30年9月22日 第10回ひらおか庭園コンサートin樹芸センター「みどりーむ」

ここから本文です。

更新日:2018年10月1日

平成30年9月22日 第10回ひらおか庭園コンサートin樹芸センター「みどりーむ」

 9月22日(土曜日)、「第10回ひらおか庭園コンサートin樹芸センター「みどりーむ」」が開催され、地域住民らが美しい緑に囲まれながら音楽を楽しみました。
 これは、緑豊かな同センターをより身近に感じてもらおうと、庭園の管理を行っている環境サポーターズ「三次郎の会」が札幌市公園緑化協会と協働で開催している音楽イベントです。今年は、地域の音楽団体や学校など、5団体が出演しました。
 開会式では、「三次郎の会」のスタッフから、「地震により清田区の多くの人が被災する中で、最後まで開催するか迷いました。でも、地域で交流できる機会が少しでも作れればと思い、今日の開催を決心しました」とあいさつが述べられました。

 トップバッターは北修学園マーチングバンド・フラッシュキッズ。小学生以下のメンバーによるかわいらしい元気いっぱいの演奏で、会場を盛り上げました。

180922庭園コンサート01

180922庭園コンサート02

 2番目は平岡中央小学校合唱団です。地震により休校が続き、練習時間が十分に取れませんでしたが、「少年時代」「翼をください」などを感動的な歌声で歌い上げました。

180922庭園コンサート03 180922庭園コンサート04

 続いて、地域の合唱団体コール・フォーレストが登場。深く落ち着いた歌声で、観客を魅了しました。

180922庭園コンサート05 180922庭園コンサート06

 その後には、平岡中央小学校とコール・フォーレストが合同で、「上を向いて歩こう」「ふるさと」といった有名な曲を歌いました。来場者には歌詞カードが事前に配られており、観客とともに会場一体となった歌声には、今回の地震で被災した方々への思いが込められているようでした。

180922庭園コンサート07 180922庭園コンサート08

 雰囲気はがらりと変わり、勇ましく和太鼓を叩く響楽太鼓が登場。今年の夏も、地域の夏祭りに数多く出演した響楽太鼓は、涼やかな秋空の下でも、熱い演舞を見せてくれました。

180922庭園コンサート09 180922庭園コンサート10

 最後を飾るのは、平岡緑中学校吹奏楽部です。同校も、地震による休校で満足な練習ができませんでしたが、それでも完成度の高い演奏を披露。曲の合間には、原曲にちなんだ有名人の物まねをして、観客の笑いを誘いました。リズミカルな曲からしっとりとした曲まで、表情豊かな演奏を見せ、会場は温かな拍手に包まれました。

180922庭園コンサート11 180922庭園コンサート12 180922庭園コンサート13

 地震後間もないことから、札幌市消防音楽隊の出演は急きょ中止になってしまいましたが、発表した5組の合唱・演奏はどれも素晴らしく、来場者は楽しい時間を過ごすことができたようでした。