• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度上半期 > 平成30年8月19日 美しが丘TSUTAYA CITY JAZZ Fes.2018

ここから本文です。

更新日:2018年8月23日

平成30年8月19日 美しが丘TSUTAYA CITY JAZZ Fes.2018

 8月18日(土曜日)と19日(日曜日)、「美しが丘TSUTAYA CITY JAZZ Fes.2018」が開催され、多くの来場者がジャズの生演奏に魅了されました。
 この催しは、美しが丘TSUTAYA(美しが丘3条4丁目)が、オープン2周年記念イベントとして主催したものです。サッポロ・シティ・ジャズ(以下SCJ)実行委員会と清田区が共催となり、ジャズを聞きながら読書やコーヒーを楽しめる環境を提供しようと、SCJに出演経験のあるアーティストらが2日間店内各所で演奏を披露しました。
 その中のプログラムの一つとして、19日14時から、清田区地域振興課がイベントスペースにおけるミニライブを開きました。

 1組目には、清田区出身の兄妹デュオ「吉澤吉澤(よしざわよしざわ)」が登場。吉澤祐太朗(ゆうたろう)のドラムと早紀(さき)のピアノの息の合ったプレイが特徴です。オリジナル3曲のほか、「上を向いて歩こう」や「となりのトトロ」などの有名曲のカバーで会場を盛り上げました。

 180819cityjazzfes01  180819cityjazzfes03

演奏でもトークでも、会場を盛り上げる吉澤吉澤。

 180819cityjazzfes02  180819cityjazzfes04

 自身が出演する「きよたマルシェ&きよフェス」のPRも。

 2組目は、ジャズミュージシャンの橋本眞秀(はしもと まさひで)と古舘賢治(ふるたて けんじ)によるコラボです。「On the Sunny Side of the Street」などのジャズのスタンダードナンバー以外にも、ボサノバの「Corcovado」などジャンルにとらわれない曲目を披露。2本のクラシックギターの美しいハーモニーに、観客はじっくりと聞き惚れていました。

 180819cityjazzfes08  180819cityjazzfes05

 橋本眞秀(右)のギターに乗せ、古舘賢治(左)が優しく歌います。

 180819cityjazzfes07  180819cityjazzfes06

 店の雰囲気にマッチした、美しく落ち着いた演奏を披露しました。

 このジャズイベントは、9月8日(土曜日)に行われる食と音楽のイベント「きよたマルシェ&きよフェス」のPRも兼ねており、出演アーティストはパンフレットを手に、大勢の観客に同イベントの魅力を伝えていました。
 恵庭から来ていた女性は、「たまたま来店したら、ライブをやっていてびっくりしました。こんな素晴らしい演奏を聞けて嬉しいです」と感想を語りました。
 「きよたマルシェ&きよフェス」は、9月8日(土曜日)に清田区役所で開催されます。野菜市や飲食ブースの出店があるほか、吉澤吉澤をはじめとする清田区出身アーティストらがライブを行います。

※ 「きよたマルシェ&きよフェス」については、特設ページをご覧ください。