• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度上半期 > 平成30年8月1日 フラワーアレンジメント親子体験教室

ここから本文です。

更新日:2018年8月3日

平成30年8月1日 フラワーアレンジメント親子体験教室

180801親子フラワーアレンジ05 180801親子フラワーアレンジ01 180801親子フラワーアレンジ06
180801親子フラワーアレンジ02 180801親子フラワーアレンジ03 180801親子フラワーアレンジ09
180801親子フラワーアレンジ07 180801親子フラワーアレンジ08 180801親子フラワーアレンジ10

 8月1日(水曜日)14時から、清田区役所で「フラワーアレンジメント親子体験講座」が開催されました。
 自然豊かな清田区では、花やガーデニングに関するさまざまな体験型講座やコンテストを実施しています。今回は夏休み中の小学生と保護者を対象に開かれ、定員の7倍以上の応募から抽選で選ばれた、17組36人の親子らが参加しました。
 この日は、北海道フラワー装飾技能士会の会員8人が講師となり、6種類の花を使ったアレンジメントに挑戦。今回作る作品は、白くて丸いピンポンマムで作ったパンダが、緑の丘に見立てたテマリソウの上に寝そべり、その周りをガーベラやスプレーカーネーションなどで彩ったかわいらしいデザインです。
 作業が開始されると、子どもたちは早速給水スポンジに一本ずつ花を挿していきました。「葉を付けたままだと穴が広がって腐りやすくなるので、茎だけにして挿しましょう」といった講師からのアドバイスも受け、作業は順調に進みました。
 主役のパンダは、ピンポンマムにフェルト製の耳や手足などをボンドで付けて作ります。子どもたちはつまようじを使い集中してパンダの表情を作り上げ、最後に目の場所も決まると「かわいい!」と笑顔を見せていました。
 「お母さん、ケイトウの花はどこがいいと思う?」「遠くからも見てバランスのいいと思うところに挿したら?」と保護者と意見交換もしながら協力して作り上げました。
 アレンジメントができあがると、自由に書いたメッセージカードも添えていよいよ完成。子どもたちは2時間で作り上げた作品に満足した様子でした。参加した小学校3年生の女子児童は、「お花は初めてだけど、パンダがかわいくできて良かった」と笑顔で感想を話していました。

180801親子フラワーアレンジ04