• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度上半期 > 平成30年6月10日 あしりべつ川ごみ拾い清掃

ここから本文です。

更新日:2018年6月12日

平成30年6月10日 あしりべつ川ごみ拾い清掃

180610ごみ拾い01 180610ごみ拾い02 180610ごみ拾い04
180610ごみ拾い03 180610ごみ拾い05 180610ごみ拾い06

 6月10日午前9時からあしりべつ川河川敷で、特定非営利法人あしりべつ川の会主催による環境美化活動が行われました。
 同会は、自然豊かで心ふれあう住みよいまちづくりを進め、次世代に継承していくことを目的に、平成18年1月の設立以来、河川敷の清掃や花植え、こいのぼりの掲揚などさまざまな活動に取り組んでいます。
 この日の清掃活動には、地域の住民や企業・団体など約60人が参加。集合場所である厚別橋から実橋までの間の、あしりべつ川両岸が清掃対象でした。
 開会式では、同会の櫻修二(さくら しゅうじ)理事長から「本日は、地域住民だけでなく、企業・団体・区役所など多くの人にご参加いただきました。一緒に協力して、きれいな環境を守っていきましょう」とあいさつが述べられました。
 ごみ袋と飲料水が各人に配られると、ごみ拾いを開始。参加者は、広い河川敷に散らばり、草むらや側溝など、見えにくい場所を中心にごみを探しました。土手の上の道路沿いには、空き缶やたばこの吸い殻などのごみが多く、参加者は手分けしてごみを集めていました。また、同会のメンバーは、清掃だけでなく河川敷の草刈りも行いました。
 約1時間でごみ拾いは終了。ある男性の参加者は「一見ごみが全然落ちていないと思ったけど、集めてみるとそれなりの量のごみになった。これからも地域できれいな川を維持していきたい」と清掃活動の感想を話していました。