• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度上半期 > 平成30年5月23日 清田小学校で児童が田植えを行いました

ここから本文です。

更新日:2018年6月12日

平成30年5月23日 清田小学校で児童が田植えを行いました

 5月23日11時から、市立清田小学校(清田区清田1条4丁目)敷地内の水田「ゆめ田んぼ・あしりべつ」で同校の5年生44人が田植えを体験しました。
約70坪のこの水田は、清田区内で青少年健全育成事業に力を入れている札幌清田ライオンズクラブが、2005年に同校へ寄贈したもの。かつては米作りが盛んだった清田区ですが、現在は「ゆめ田んぼ・あしりべつ」が区内唯一の水田となっており、児童に米作りの面白さや難しさなどを知ってもらうための学習の場として使われてます。
 まず、小角 武嗣(こすみ たけし)清田区長より「米作りを通じて清田の歴史にも興味をもってくれたらうれしい。心を込めて田植えをして、秋にたくさんの収穫があるのを楽しみにしていてくださいね」とあいさつがありました。
その後、札幌清田ライオンズクラブ 山田敏夫(やまだ としお)会長から「お米ができるまで、一生懸命育ててあげましょう。今日は転ばないように頑張ってください」と激励の言葉をいただきました。
 植える苗は同クラブより提供されたもので、もち米(はくちょう)と、うるち米(ユメピリカ)の2種。児童たちは苗を手に、恐る恐る田んぼに足を踏み入れると、初めて体験する感触に「ぶにゅぶにゅして変な感じ!」「難しい!転びそう!」と友達と笑いあいながら、約30分かけて植え付けを行いました。
 田植えを終えた男子児童は「手作業でお米を植えるという貴重な体験ができました。これから大切に育てていきたいです」と感想を話していました。最後に、今日のために準備を行った関係者へ、児童全員で元気よく「ありがとうございました」と感謝を伝え、田植えを締めくくりました。
 9月に稲の刈り入れ、12月に収穫した米を使った餅つきが予定されています。

 

ゆめ田んぼ ゆめ田んぼ ゆめ田んぼゆめ田んぼ ゆめ田んぼ ゆめ田んぼ ゆめ田んぼ ゆめ田んぼ ゆめ田んぼゆめ田んぼ ゆめ田んぼ ゆめ田んぼ ゆめ田んぼ ゆめ田んぼ ゆめ田んぼ 

このページについてのお問い合わせ

札幌市清田区市民部総務企画課

〒004-8613 札幌市清田区平岡1条1丁目2-1

電話番号:011-889-2018

ファクス番号:011-889-2402