• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成29年度上半期 > 平成29年9月30日 北野地区防災訓練

ここから本文です。

更新日:2017年10月2日

平成29年9月30日 北野地区防災訓練

170930防災08 170930防災01 170930防災04
170930防災07 170930防災09 170930防災05
170930防災06 170930防災03 170930防災02

 9月30日(土曜日)9時30分から、北野中央公園で「北野地区防災訓練」が行われ、地域住民など約200人が参加しました。
 これは、地域防災力を向上し、災害に強く誰もが安心して暮らせるまち「北野」を実現するために、同地区町内会連合会が主催し、清田消防署北野出張所、清田消防団北野分団及び北海道コカ・コーラボトリング株式会社の協力で開催されたものです。訓練には、同地区の各町内会のほか、社会福祉協議会・福祉のまち推進センター・民生委員児童委員協議会・日赤奉仕団北野分団が参加しました。
 開会に際し、同地区町内会連合会の伊藤会長から「日本は災害が多く、北海道でも昨年は台風が上陸するなど災害対策は身近になっているので、ぜひ今日の訓練をこれからに活かしてください」との言葉がありました。
 訓練では6つのブースが設けられ、参加者はグループに分かれ各ブースを回りました。「土のう積み訓練」では、袋に土を詰めてから積み上げる作業を行いました。消防団員からは、「袋の口は水の流れに対して垂直になるように積んでください」と細かなアドバイスがなされました。「救出訓練」では、がれき等をジャッキで持ち上げ下敷きになった人形を救い出す作業を行い、引っ張り出すときに人のどこをつかめばいいか等、実践的な注意点を学びました。また、「消火訓練」では列になってバケツリレーを行い、防災には地域の人たちとの協力が欠かせないことを実感する機会になりました。
 ほかにも、「防災資機材取扱訓練」「ロープ結束訓練」「応急救護訓練」と、いろいろな場面で役立つ技能・知識を学び、約1時間で訓練は終了。閉会式では佐々木消防署長から、「今年1月からの火災件数は、札幌市全体356件のうち清田区が20件で、昨年から横ばいを維持しており、北野地区は1件にとどまっています。今日の実践的な訓練を活かし、これからも地域防災にご協力をお願いします」との講評がありました。
 最後に「炊き出し訓練」で作られた非常食と防災グッズを受け取って訓練は終了。参加者の一人は、「普段からこういう機会を設けることでいざというときに動けると思う。町内でも共有していきたい」と感想を述べました。