• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成27年度上半期 > 平成27年6月21日 白旗山自然探検隊

ここから本文です。

更新日:2015年6月22日

平成27年6月21日 白旗山自然探検隊

  動画:白旗山自然探検隊

 6月21日(日曜日)、午前9時から「白旗山自然探検隊」が開催され、参加者40人が白旗山の豊かな自然とのふれあいを楽しみました。
 この行事は、区のシンボルの一つである白旗山(清田区有明)の魅力を知ってもらうとともに、同所の自然保護、動物愛護の啓発を目的として区地域振興課が平成17年から開催しており、今年で11回目となります。
 この日は、自然観察の森から山頂を目指し、ふれあいセンターへ降りる約4キロのルートを、山の自然に触れながらゆっくり散策。ガイド役を日本野鳥の会札幌支部のメンバー2人が務めました。
 同会メンバーから散策の注意事項などの説明を受け、準備運動を終えると早速出発。参加者は、日頃なかなか見ることのできない山に住む動物や植物を見つけては、仲間同士、「木の陰に鳥がいるよ」「きれいな花が咲いているよ」と、楽しそうに声を掛け合っていました。
 ガイドから、「ここに咲いているのは、フタリシズカの葉です。みなさんがご存知なのは、ヒトリシズカだと思いますが、種類が違うんですよ」「今聞こえたのはオオルリの鳴き声です。日本三鳴鳥の一つです」と、散策の足を止めては丁寧な説明があり、参加者は驚きの声をあげたり、耳を澄まして鳴き声に聞き入ったりと思い思いに山の自然を感じていました。
 また、「ここに咲いている野いちごのようなものは食べられるのですか」と質問する参加者に、ガイドからは「エゾヘビイチゴという種類です。食べることができますよ」と説明。熱心にメモを取る姿も見られました。
 約4時間で探検は終了。初夏を感じる青空の下、参加者は気持ちのよい汗を流しました。参加者の一人は「白旗山は初めて登りましたが、珍しい植物がいっぱいでびっくりしました。ガイドの方にいろいろ聞けて勉強になり、大満足です。来年もまた参加したいです」と笑顔で語っていました。

 

白旗山自然探検隊の様子 白旗山自然探検隊の様子