• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 男性介護者のつどい(平成29年3月9日)

ここから本文です。

更新日:2017年3月29日

男性介護者のつどい(平成29年3月9日)

男性介護者のつどい「ケア友の会」を開催しました!(平成29年3月9日)

第2回つどい1第2回つどい2第2回つどい3

 3月9日(木曜日)13時から清田区役所で、男性介護者のつどい「ケア友の会」が開催され、区内に住む男性介護者12人が参加しました。
清田区では、認知症の方とその家族が孤立しない地域づくりを進めており、この会は、介護の知識の習得や介護者同士の情報共有を図ることで、男性介護者の不安や悩みを解消しようと、清田区地域包括支援センター、清田区介護予防センター、清田区社会福祉協議会、区保健福祉課が共同で実施したもの。昨年7月7日に続き、今年度2回目の開催となります。
この日の会は、前半に介護施設関係者が講義を行う「学びの時間」、後半に参加者同士が話り合い交流を深める「語りの時間」の2部構成で行われました。
「学びの時間」では、愛の家グループホーム札幌平岡のホーム長である井幡摩希子(いばたまきこ)さんが講師を務め、認知症の方と介護者が穏やかに生活していくためのこつを、グループホーム入居者への介護を例にして丁寧に説明。参加者は時折メモを取るなど、熱心に聞き入っていました。
講義の最後に井幡さんから「認知症の方の生活は、介護する皆さまのお力で成り立っています。まずはご自身が肉体的にも精神的にも無理をかけ過ぎないよう、定期的にリフレッシュしながら、いつまでも介護が続けられるようにしてください」とアドバイスがありました。
次に「語りの時間」では、参加者が3つのグループに分かれ、介護の経験を話り合いました。ほとんどの参加者が初対面でしたが、介護している中で同じ悩みを抱えることも多かったようで、各グループともすぐに打ち解け、互いに励まし合う場面も見られました。
会は14時30分に終了。ある参加者は「たくさんの方と交流できました。思い切って参加して良かったです」と笑顔で話していました。

男性介護者のつどい「ケア友の会」を開催します。(終了しました。)

 認知症の方を介護する男性を対象に、日常生活で困りがちな場面での声掛けや対応のヒントをつかむための講座と交流会を開催します。

日時

平成29年3月9日(木曜日)13時00分~14時30分(12時30分から会場)

場所

清田区役所2階保健センター講堂

(清田区平岡1条1丁目)

対象

清田区内にお住まいで、認知症の方を介護している男性

※認知症のご本人もご一緒に参加できます。

費用

無料

申込方法

平成29年2月24日(金曜日)までに保健福祉課保健支援係へ電話(Tel889-2042)でお申込み

※受付時間:8時45分~17時15分(土・日曜を除く)

関係資料

案内チラシ(PDF:481KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市清田区保健福祉部保健福祉課

〒004-8613 札幌市清田区平岡1条1丁目2-1

電話番号:011-889-2042  内線:保健支援係(348・358・359・361・369)

ファクス番号:011-889-2703