• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 区長室へようこそ > 清田区の紹介メッセージ

ここから本文です。

更新日:2016年4月13日

清田区の紹介メッセージ

 清田区は、明治6年(1873年)入植以来ののどかな農村地帯から、時代を経た昭和35年(1960年)以降、産業構造の変化に伴い、市内オフィスや近隣商工業地に通勤するための時間・距離と環境のバランスが取れた住宅街として急速に成長し、その後、安定的発展を遂げてきた住みよい地域です。
 かつて、現在の国道36号の基となる札幌本通(室蘭街道)の開通により、通行屋が設けられ、札幌市南東部の玄関口として利用されていましたが、その役割は脈々と続き、近年では、千歳空港の国際線化や隣接市の大型商業施設の集積に伴い、札幌市の玄関口としてますます重要な顔を持つこととなりました。
 発展の一方、清田区は、区のシンボルである白旗山、あしりべつ川、平岡梅林に代表される、みどり豊かな自然環境に恵まれた地域であり、その素晴らしい環境のもと、区民主体の積極的なまちづくり活動がいきいきと展開されている地域となっています。

 区役所においては、次の3つのキーワードに基づき、「市民参加によるまちづくり」を推進しています。

  1. みどり 景観に配慮した「みどり」豊かなまちづくりを進めます。
  2. ふれあい 区民の交流が活発な「ふれあい」あふれるまちづくりを進めます。
  3. やすらぎ 安全に安心して暮らせる「やすらぎ」を感じるまちづくりを進めます。

 これからも、区職員一同、区民の皆さまのまちづくり活動をサポートし、皆さまと一緒に清田区のまちづくりのために力を尽くしてまいりますので、引き続き変わらぬご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

画像