• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 区長室へようこそ > 着任のごあいさつ

ここから本文です。

更新日:2018年4月12日

着任のごあいさつ

区長201804

 皆さま、こんにちは。
 平成30年4月1日付で第10代清田区長に着任いたしました、小角 武嗣(こすみ たけし)です。どうぞ、よろしくお願いします。

 清田区は、昨年、分区20周年を迎えましたが、区のシンボルである「白旗山」「あしりべつ川」「平岡梅林」をはじめとする豊かな自然と、各地区における「ふれあい」や「安全・安心」など住民(ひと)による活発な活動が調和した住みよいまちです。
 区民の皆さまには、こうした“きよたのまちづくり”に対して、日頃よりさまざまな場面でご理解、ご協力をいただいておりますことに改めてお礼申し上げます。

 一方で、清田区を取り巻く社会環境も大きく変化しつつあります。人口についても、平成9年の区の誕生以降、しばらくは増加傾向が続いていましたが、平成23年頃の11万6千人台後半をピークに近年では減少傾向に転じました。人口構造についても、年少人口は依然として10区中で最も高い割合を維持しているものの、65歳以上の高齢人口比率は10区中第4位、伸び率も第2位と高齢化が進んでおり、地域が抱える課題は一層複雑・多様化しています。
 このような状況の中、清田区の目指す『みどり豊かで、地域のふれあいあふれ、誰もが安らぎを感じるまち』を実現していくためには、区役所としてもこれまで以上に地域との連携を強め、共に手をとり合って様々な課題に対応していくことが必要です。

 このような考え方から、平成30年度は、清田区が取り組む主要事業を“きよたのちから”と称して、「自然」「食」「音楽」といった“きよたの魅力を生かしたまちづくり”や“次世代育成”(まちを元気にするちから)、“防犯・防災”(安全・安心を生み出すちから)、“認知症支援”や“子育て・健康づくり支援”(共に支えあうちから)に取り組んでいきます。

 区民の皆さまが、この清田区により一層の親しみや愛着を感じていただけますよう、職員一丸となって全力で取り組んでまいりますので、今後とも、ご支援、ご協力をお願いいたします。 

区長署名201804