• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 旧国道36号魅力アップ事業

ここから本文です。

更新日:2017年9月19日

旧国道36号魅力アップ事業

旧国道36号魅力アップ事業とは

 古くから地域の生活を支えてきた旧国道36号は、清田区の発展を語る上で欠かすことのできない大切な道であり、貴重な地域資源です。
 この旧道の中でも、清田4号線(北野1条2丁目から清田1条1丁目までの区間)については、歩道の外側に広い敷地や桜並木が現存していることから、これらを生かして歩行者が心地よく利用できることをめざして、平成21年5月から地域代表者、沿線企業、公募委員などからなる検討会やワークショップ等を実施し、平成22年9月に「やすらぎ歩行空間プラン」を策定しました。

「やすらぎ歩行空間プラン」の詳細については、こちらをご覧ください。


旧道4 旧道2 旧道1

 平成23年度以降は、対象区間の遊歩道整備に合わせ、「やすらぎ歩行空間プラン」の検討時に「歴史・文化」「環境」「健康・福祉」の各ワークショップグループであげられた、旧道の魅力アップに向けた取組について、引き続き検討を進め、実施しています。

平成23年度にプラン対象区間の道の愛称を区民から募集し、「あしりべつ桜並木通り」に決定しました。


 平成23年度の取組内容はこちらをご覧ください。

 平成24年度の取組内容はこちらをご覧ください。

 平成25年度の取組内容はこちらをご覧ください。

 平成26年度の取組内容は以下のとおりです。

歴史・文化グループの取組

旧道の歴史を後世に伝える記録映像の制作

清田区の発展に大きな役割を果たした旧道の歴史を後世に伝えていくため、平成25年度にワークショップで検討した内容を基に、映像制作の専門家や学校の先生等を新たに検討メンバーに加えて、記録映像を制作します。

映像の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

環境グループの取組

花壇(宿根草花壇)の整備・管理

あしりべつ桜並木通りの宿根草花壇において、春に1年草を補植し、夏と秋に花壇の手入れを行います。また、平成27年度以降の管理体制について、ワークショップで検討していきます。

「旧道の日」草刈り・清掃活動

9月10日を『旧道の日』と銘打って、各ワークショップグループのメンバーや沿線企業の皆さん、清田小学校の児童とともに、あしりべつ桜並木通りの草刈り・清掃活動を実施します。この「旧道の日」草刈り・清掃活動は平成22年度から毎年実施しており、今年度で5回目となります。

健康・福祉グループの取組

「旧国道36号みどころまっぷ」を活用した取組

5月に開催する「桜ウオーキング・花見会」で参加者に配布するなど、平成25年度に制作した「旧国道36号みどころまっぷ」を活用した取組を検討、実施していきます。

桜ウオーキング実行委員会の取組

旧道 桜ウオーキング・花見会

5月11日(日曜日)に、旧道の大きな魅力の1つである、あしりべつ桜並木通りの桜を眺めながら春のウオーキングを楽しんだあと、大きな鍋を囲んで美味しいジンギスカンを味わいます。

このページについてのお問い合わせ

札幌市清田区市民部地域振興課

〒004-8613 札幌市清田区平岡1条1丁目2-1

電話番号:011-889-2024  内線:252(まちづくり調整担当係)

ファクス番号:011-889-2701